注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板「住友不動産の評判ってどうですか? (総合スレ)」についてご紹介しています。
  1. 注文住宅・一戸建て掲示板 e戸建て
  2. 注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板
  3. 住友不動産の評判ってどうですか? (総合スレ)
 

広告を掲載

住友不動産の総合スレッドに投稿された「間取り」についての投稿をまとめて表示しています。

住友不動産の「間取り」についての口コミ一覧

コメント  

2417: 雪国で検討者 
[2018-03-16 23:51:31]
>>2413 匿名さん

一番聞きたかったのは北海道では2×6とウッドパネルではどちらが向いているのか!
これは今日営業さんに電話した時にちらっと聞いて結局ウッドパネル断熱材150ミリ2×6は140ミリとなのでウッドパネルだとお返事いただきました。
あとは熱交換システムをつけるに越したことは無いのですが、北海道の場合付けなくても暖かさは大丈夫か、床暖房はどうするかなど

ただ結局聞こうと思って悩んでいたことは工法のことなので、電話でウッドパネルと言われてしまった今ほとんど解決したように思えます…(^^;)
あと明日提案してきてくれる間取りが換気、気密、冷暖房のバランスはいいのか。
などなど…
なんかこう書いてると考えてるものが大したことないように思えてきました…(笑)
予算内でそれらが収まるのかどうかですかね…

>>2414 e戸建てファンさん

本当は3月いっぱいという期限がなければ自分で調べて資料見るだけではなくて講座など勉強にも時間をかけたいのですがそれが難しくはなっています…
ですがそれが出来ない今営業さんにとことん話して頂いてます。
窓もこだわりたいと思っていたので参考になります!
ありがとうございました!
2419: 匿名さん 
[2018-03-17 00:12:41]
他社の勉強会は、間取りや工法等の参考になりますね。色々景品を貰ったりして「この勉強会の運営、かなりコスト掛けてるんだろうな」とは思いましたが(笑)

すみふは宣伝費も最低限(チラシと住宅展示場ぐらい)、勉強会・セミナーもありませんので、その分、他社よりコストパフォマンスは高いのかなと思います、営業さんとの会話メインなので不安は多いですけど。それと、得手不得手はあって、例えば和室は、そんなに広くなくても高価なオプションになってしまいますね。

内覧会案内はありますので、契約前に開催されていたら、少し遠くても足を運んでみることをオススメします。
2420: 戸建て検討中さん 
[2018-03-17 01:59:43]
雪国で検討中さん
今日明日、内覧会ありますよ。ホームページにも掲載されていますが予約制です。
担当者さんから案内されませんでしたか?
住宅展示場の近くですから、両方行かれてはどうでしょう。
3から4 ヶ月間隔の不定期で、構造の展示説明と設備の展示、いろいろな相談会をファクトリーで開催しています。
先月も開催していました。ホームビルダーを先着でプレゼントしていましたよ。

断熱性能は、キャンペーンのウッドパネルの方が優れていますし、キャンペーンの構造変更は、出来ないでしょう。
2×6は、140mmグラスウール
105mmグラスウール + ネオマフォーム45mm
ネオマフォームの方がグラスウールより断熱性能が優れています。
ウッドパネルの方が、間取りの融通がききますし、天井を高くできます。
ただ、ケイミュのコーキングなしの外壁を選択できないそうです。
今回のキャンペーンは、光触媒の外壁ですし、これはこれでメンテナンスが少なくていいと思います。
2460: 戸建て検討中さん 
[2018-03-21 20:38:32]
メーカーがうたっている、すき間(C値)は完璧に仕上がっての数値だと思います。
C値を売りにするメーカー、ビルダーがありますが、鵜呑みにはできません。
当然、間取りや窓などで大きく異なると思います。各々の施工の出来でも異なるでしょう。
経年劣化も間違いなく全ての家であるでしょう。すき間は、それなりに増えます。
省エネを求める政策により、すき間が極端に少ない家になり、換気が必要になり、システムの選択が重要になります。
総合して、どんな家(メーカー、ビルダー、工務店、建築士など)を選ぶか、納得できる選択をすることができれば良いなと思います。
竣工後どう使うか、メンテナンスするかも重要だと思います。
問題があればちゃんと補修してくれるメーカーであれば、幸せですね。
って、他人事じゃ無いんだけど。
なので勉強中。
2463: 雪国で検討者 
[2018-03-21 21:58:56]
お久しぶりです。
報告するとお話ししていたので興味ない方もいらっしゃるかもしれないですが、一応書きます。

打ち合わせが進み図面と見積もりが出ました。

間取りは申し分なく理想にほぼ近い形で出来上がりました。まだ少し微調整はありますが問題ないです。
それと見積もりの方は少し妥協した点もあり、窓を本当は全てトリプル樹脂サッシと言っていましたが、小さい窓は標準の樹脂サッシに変えたりガレージ内の外壁材を石膏ボードに変えたりなどありますが、営業さんも頑張って頂いて考えていたオプション全て入れて、さらにカーテン代や最低限の外構工事も含めて予算内で収まりそうです。
これも決済キャンペーンのおかげです。

ほぼトータルバランスよく納得のいくものに仕上がりました。

ただ他のHMさんも比較のために打ち合わせをしていてまだ図面や見積もりが出来上がっていない所もあるのでそれも全て見て総合的に判断して決めたいと思っています。
今の段階ではスミフさんが1番だと感じていますが(^^)

そこで、最後まで気を抜かないように契約前に確認しておいたほうがいい事などありましたらアドバイスいただきたいです。

あと、換気システムは第3種でもいいとは言っていたものの、見積もりには高いほうを入れておこうと思いオプションの第1種熱交換システムを入れておいたのですが、それも含めて予算内に収まったのでこのままにしようかと思っています。
ですが最近またこの話題が出ているようで、どちらが良いのか揺らいでいるところです(^^;)
優柔不断なんです。すみません。
そこも含めてアドバイスお願いします。
2492: 匿名さん 
[2018-03-24 14:26:11]
>>2491 匿名さん

いくつ実例載ってるかと期待したら7例でした(平屋のカタログ)。20くらいあるのかと思ってました。

>>2491
WEBカタログあったのかな。
外観、間取り、説明まで眺めて、想像を膨らましたかったのですが、WEB上の写真+α程度しか例がなかったので結果としてはションボリです。

展示場に直接行って見てきます。
2493: デベにお勤めさん 
[2018-03-24 15:20:57]
中途採用で住不住宅事業本部に就職し、直属の営業所長と営業スタイルでの意見の相違が多く最終的に転職した者です。
退職から3年ほど経過している為現在と情報が相違する点もあるかもしれませんが住不を検討する上での注意点を何点か挙げておきます。

1.打ち合わせ内容は細かい事も全て書面によるエビデンスを残すべし
住不の営業職員はほぼ100%が歩合制の営業専門職です。営業成績が不振ですと容赦なく解雇の憂き目に合う為、契約~竣工引渡しまでの間に営業担当が変わってしまうような事態もそれほど珍しくありません。
ですので打ち合わせでの口頭によるサービスの約束等は絶対にご法度です。
打ち合わせでの決定事項は打ち合わせ記録に記載し、施主含め打ち合わせ同席者が署名の上原本を各自持ち合わせるシステムになっていますので細かい事もきちんと記載されているか確認しましょう。
また、工事契約後に営業担当及び下請けの設計事務所(又は場合によって本社にいる社内プランナー)と詳細の打ち合わせを経て施工図面に細かい仕様書含め打ち合わせ内容が反映されますが、施工図面に全ての内容が反映されているかもきちんと確認しましょう。
施工図面確定後の現場打ち合わせ等で発生した変更やサービス工事等も打ち合わせ記録できちんと残してもらう事は言うまでもありません。

なお、各住宅展示場の営業所長は営業不振の職員が割り当てられる事はないので少なくとも引渡しまでに営業担当が替わるのは困るという方は営業所長の担当を検討条件に提示すればいいと思います。(但し余程交渉力に自信がある方でない限り大幅な値引き交渉は厳しいと思います)

2.契約時には採用する可能性があるオプションは全て含め、値引き額は固定で交渉するべし
住不はメーカー選定の契約時に仮契約ではなく本契約(工事請負契約)を締結するスタイルですので、ほぼ100%の施主が煮詰まっていない暫定の図面及び仕様で本契約を結ぶ事になります。
その後詳細を打ち合わせで煮詰めて追加変更契約を締結し、着工に至りますが、価格上昇に繋がる追加変更をした場合利益を上乗せした見積もり提示をされるリスクが結構あります。
これは、営業職員の歩合評価基準がダイレクトに粗利益額×??%(詳細は伏せますが年間の利益総額に応じて段階的に歩合率上昇)となっており、契約後で安心している施主で、しかも施主の要望に伴う変更は価格を高めに出しても他社との競合が原則発生しないですし、契約時に大幅値引きをした場合は特に自分の給与を回復する為のビジネスチャンスだからです。
従って、検討する可能性があるオプション装備については契約前に全て追加費用を把握しておく事が大変重要です。(後になって利益上乗せ価格で提示されるリスクを回避出来ます)
特にガラスマリオン等を視野に入れている場合敷地形状や間取りの都合で規格外の特注サイズにすると驚く程高額になったりしますのでしっかり把握しておくべきです。

また、想定内のあらゆるオプションを内包し、値引き額固定とする事で、契約後に複数のオプションを削っても値引きを減らす事が出来ない為、営業担当としてはオプションの提出価格を細工して不自然な利益を載せた提示が出来なくなります。
ただ、流石に値引き固定はよほど脇の甘い営業担当でない限り断られると思いますので、その場合は想定オプションの追加費用を把握の後必要な内容のみを反映した見積もりで値引き交渉の上、契約時には契約後の追加変更も値引率固定の条件にしましょう。

上記を押さえておけば契約後のトラブルをかなり回避出来ると思います。
また、営業担当が決まって契約迄の打ち合わせ途上で要望の理解力に欠ける、専門知識に不安を感じる等不安要素がある場合は躊躇せず担当変更を希望した方がいいですが、面と向かって関わりを持った担当(或いはその営業所の所長)にいう事が出来ない方は重要な打ち合わせ時には営業所長の同席を必須条件にして巻き込むといいと思います。

また、オプション等担当から提示された価格に不審がある場合はお忍びで違う展示場(但し同じ県内ですと名乗らなくてもたまたま打ち合わせで他店営業マンに見られていて自分がお忍びで別エリアの展示場に行った事がバレたりしますので他都府県が望ましい)に訪問してそれとなく気になっているオプションの価格目安について探りを入れる手もあります。
ただ、住不の仕様内容について詳しい事をぺらぺら喋ってしまうと接客担当に見透かされて情報を曖昧に誤魔化されてしまうので余計な事はうっかり言わないように。
2496: e戸建てファンさん 
[2018-03-24 21:05:57]
>>2492 匿名さん
jアーバンの間取り集ならもらったことある。30例くらいあった気がする。

結構デザインでHM決めたりするけれど、好きなデザインと間取りを探してきて、テーマの色を決めとけば、変わった工法ではない限りすみふは希望にそってやってくれるよ。スキップフロアにした人もいるしね。
うちの営業はjアーバン推しだったんだけど、うちが違う方向のデザインを求めたから撃沈はしていたけど、でも細かく相談しながら決めていったよ。オリジナル求めてもいいんじゃない?


2511: e戸建てファンさん 
[2018-03-26 01:34:41]
>>2510 匿名さん

ええ、本気で思ってますがなにか問題でも?
でも、それは時間とお金に余裕がある人しか出来ないこと。私は羨ましく思う。
間取り決め契約まで、拘ると2,3年はかかるらしいよ。
営業は特に困らないと思うよ。優秀ならば。
そう意味では、すみふは余裕あるところだと思うよ。
見積り、間取り作成なんてコンペみたいなもの。それを拒否するHMはやめた方がいいし、焦りの契約は経営がヤバい証拠。
一般庶民は時間とお金に煽られて出来ないことだろうけど。
ただ、大工など諸経費は時価のところがあるから、オリンピック前だから多少値上げ
するかもね。でも、明朗なら問題ないじゃない?
2514: 匿名さん 
[2018-03-26 08:52:50]
色んな施主がいますから中には数年越しで検討する人も珍しくはないですよ。
但し検討しているだけの人は見込み客止まりで「お客様」ではないのですからその辺を履き違えなければいくら時間掛けてもいいと思います。(実際は検討してるだけで客になってると勘違いしてる人も結構いますけど)

ビルダー側も入口で長期前提の案件に対しては無能な営業でない限り設計スタッフの動かしての間取り提案とか無料の地盤調査みたいな経費が掛かるアプローチはせず、序盤1~2回の面談で計画の前倒しが困難と判断した長期案件はそれなりの手間を掛けない追客に切り替えるか、内容によっては自社の手持ち客として不相応と判断して切ります。(勿論高額物件や自社施主他の紹介客など、ケースバイケースで対応も変わると思いますが)
ビルダー側から切られたら自分がなにか過大な要求をしたとか客質が悪いと判断されたのでは?という反省はして改めるべき部分は改めた方がいいと思いますけどね。

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 

レスを投稿する

下げ []

名前: 又は匿名を選択:

写真(1): ※自分で撮影した写真のみ投稿可

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

 

    「住友不動産」の会社情報

    住友不動産は、注文住宅から超高層マンションやオフィスビルの建設、リフォームなど、多種多様な不動産に関わるいろいろな事業展開する総合ディベロッパーであると同時に大手のハウスメーカーです。数多くの事業分野で得たノウハウを結集させ、独自の地震対策技術や斬新な既成概念にとらわれないデザイン力があります。都市型住宅シリーズでは、グッドデザイン賞を4連続で受賞していて、優れたデザインで都市型住宅のモダンなデザインと機能性が融合しています。「Jレジデンス」は落ち着いた雰囲気のある天然木がシャープなデザインです。邸宅型住宅シリーズは、こだわりある世界の伝統の外観を住宅スタイルに取り入れています。「スマートハウス」や「100年コンクリート」「木の家」など、性能や構造といったいろいろなニーズに対応した住まいを提案します。2×4工法がまだ日本ではあまり認識されていなかった1972年から導入し、基本性能の優れたツーバイフォー工法に独自の技術力を活用、地震対策を進化させました。特許を取得した超耐震構法「Power Column(パワーコラム)」、「New Power Column(ニューパワーコラム)」は耐震性能をアップさせる構法です。独自の新次元制震システム「ニューパワーキューブ」(特許出願中)は、地震時の揺れを吸収し、建物の変形を最大で約55%軽減することができるそうです。注文住宅に住宅設備や室内装を分譲のマンションのグレードを取り入れた、「レジデンシャルスタイル」は、トップクラスのハイグレード仕様の戸建が実現。太陽光発電やHEMS(ヘムス)など、快適さと省エネを環境に配慮しながら、長く暮らすことのできる「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」を提案。長期優良住宅仕様が標準仕様です。お引き渡しの後には専用のお客様のお問合せの窓口である「お客様センター」や30年保証システムがあり、安心したサポートが期待できます。
    工法・構造:2×4工法、2×6工法、ウッドパネル工法、木軸パネル構法
    階数:平屋、2階建て、3階建て
     

最近見たスレッド

住宅コラム・コラムニスト

松井 大輔

住宅を購入する前に知っておくべき「お金の基礎知識」
松井 大輔(ファイナンシャルプランナー)

 
原田 真

欠陥住宅や近隣紛争など住宅に関わる「法律問題」
原田 真(弁護士/アクセス総合法律事務所)

 
市村 崇

ホームインスペクションの実体験に基づく「ハウスメーカー評価」
市村 崇((社)住まいと土地の総合相談センター)

 
太田 周彰

知らないと損をする断熱住宅やゼロエネルギー住宅のウソ・ホント
太田 周彰((株)住宅みちしるべ代表取締役)

 
髙木 秀治

欠陥住宅裁判で負けないための被害者の心得
髙木 秀治(弁護士/プラス法律事務所)

 
藤﨑 香奈子

憧れの庭付き一戸建て 素敵な住まいにするための「外構・庭計画の基本」
藤﨑 香奈子(エクステリア・ガーデンデザイナー/二級建築士)

   

最新のスムログ記事

Powered by feedwind

スポンサード・リンク

アプリでサクサク探せる
一戸建て住宅探しはYahoo!不動産物件検索アプリ

 

一戸建てを建てる
都道府県からハウスメーカー・工務店を探す

 

戸建てリフォームのお役立ち情報

リフォーム価格相場を見る
費用までわかるリフォーム事例も充実!リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

 

リフォーム会社を紹介してもらう
厳選のリフォーム会社紹介と匿名のやり取り、そして工事完成保証を備えています!

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

住宅実例アンケート

住宅実例アンケート最大8000円Amazonギフト券をお贈りします

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

下げ []

名前:

写真(1):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

ウィンドウを閉じる