注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板「高性能住宅の真実」についてご紹介しています。
  1. e戸建て
  2. 注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板
  3. 高性能住宅の真実
 

広告を掲載

検討者さん [更新日時] 2021-09-28 23:58:49

/////////////////////////////
住宅相談統計年報2020(戸建て)
雨漏り(屋根外壁) 1425件
結露(開口部、建具) 128件
結露(外壁、内壁)0件
http://www.chord.or.jp/tokei/tokei.html
/////////////////////////////

2000年後半ぐらいから断熱強化の過程で壁体内結露が一時期問題になり、
2015年頃までは壁体内結露の相談数も40件程ありましたが、徐々に減っていき2020では、結露(外壁、内壁)の相談件数は0件となっています。

「過去」の冬型結露の原因として特に大きかったと考えられるのが、住んでいる人が石油ファンヒーター等の開放ストーブを利用していた事です。
「過去」の夏型結露の原因としては中途半端な断熱材厚と気流止めが無い為、屋根裏、床下の湿気を外壁内に呼び込んで冷房で冷やされた室内側の壁で結露を起こしていた事です。
「現在でも」アパート等の「共同住宅では」住人の知識不足から石油ファンヒーター等を使ってしまう人がいるらしく、「壁体内結露の相談がある」模様です。

壁体内結露の「過去」の事例は高気密への拘りを売りにして大手HMと差別化を図りたい工務店にとって、有用に使いたい貴重なエピソードというワケです。
このような工務店は必要のない気密測定、構造計算、オーバーな施工で顧客単価を上げるのに必死です。
彼らも仕事ですのでしょうがないのですが商売人は言葉巧みに自分のポジションに誘導してくるから気をつけましょう。

つまり、C値だ結露だ許容応力度計算だって異常に拘っている人はYoutuberの話を盲信して自分が最先端の知識を得たとHMの研究者よりも自分のほうが賢いと勘違いしている井の中の蛙です。

賢い方は、あくまでも国の定めた基準がベースである事を念頭に、それ以上の話については偏った書籍やYoutubeではなくもっと広い情報源から知識を得て自分の頭で考えるようにしましょう。
住宅について深い興味がある方は、論文を読みましょう。井戸の外を知る事ができます。
http://news-sv.aij.or.jp/jyutakukei/

統計から分かるように家の劣化対策において最優先で配慮すべきなのは雨漏りです。確率の高いものにしっかりと対策をしましょう。
壁内に結露や雨漏りがあるとカビが発生し、通常であれば、わずかな隙間を縫って室内側のクロスにカビによるシミが現れます。
内側を全面的に別張り防湿気密シートや、気密テープでがっちりと塞いだ状態だと雨漏りや結露に気づくのが相当遅れ構造体へのダメージに気づけ無いというデメリットもあります。
雨漏りは早めに対策しないと建物に致命的なダメージを与えます。火災保険や保証に入っているとおもいますが、気づけなければそれらを使用することもできません。

気密を売りにしている工務店は結露を0か1かで捉えて不安を煽ってくるので気を付けましょう。
「計算上は」結露が起きていますが、温度差の激しい部分がうっすら濡れて、乾燥を繰り返しているだけです。
工務店Youtuberは都合の悪い結露の「程度」や「確率」については濁して発信しています。
何にでも言えますが、リスクの話をされたら必ずその「程度」と「確率」も確認しましょう。

私もあるYoutuberが行っている冬型の結露計算の内容を確認してみました。
条件としては、内側気密シート無しのよくある一般的な断面構造、室内は湿度50%に暖房で25度の状況で
結果としては、結露が発生しますので内側にも気密シートを貼りましょうというものです。

外気温と屋外湿度の状況を東京の2020年の気象状況にあてはめると、「計算上」結露が起きるのは年に5日でした。その中でも数時間。
これがどういう気象かというと、夜晴れて放射冷却で外気が冷やされた次の日雨が降った状況です。
しかも計算では室内が換気され対流があることも考慮されておらず、結露量が1ccなのか100ccなのかも不明です。勿論、動画内ではその件には触れません。

大手HMがC値計測を表に出さないのはは、大局的にバランスをとって商品を開発しているからです。
気密や結露対策も大事なのですが他にも注意を払う事がたくさんあります。
現実と一致しない結露の定常計算だけにフォーカスをあてて開発することは有りえません。
皆さんも一つの事に拘らずよく考えてバランスの取れた工法を選択しましょう。

また、このようなポジショントークを行う工務店にとって少し頭の痛い存在が太陽光発電です。
このシステムは実質無料で屋根の上に設置する事ができ、圧倒的な存在価値で高気密高断熱住宅の経済的な利点をスポイルします。
太陽光パネルを載せると、バネル自体が物理的に熱を遮断してくれ冬も放射冷却を防ぎ温熱的にはかなり有利になります。

ZEH基準というのは本当によく出来ていて、太陽光パネルの発電量を含めて計算を行うとZEH相当の断熱が一番経済合理性が高くなります。
高気密高断熱でポジションを取りたい工務店が経済合理性についてYoutube配信をするとき、ZEH基準や太陽光発電を絡めた比較計算を「意図的に」しませんのでご注意を。

[スレ作成日時]2021-06-13 08:55:55

高性能住宅の真実

コメント  

280: 匿名さん 
[2021-09-28 04:07:41]
日本の気候は寒暖気温差の問題じゃなくて、湿度の問題なんです
夏に気温も湿度も高くてほとんど日本全国、亜熱帯地域に負けない暑苦しさでありながら
冬は冬で湿度が低くて、毎日氷点下の寒冷地域並みの体感寒さになってる

要するに日本の家は湿度コントロールと、その維持が容易であるかが快適性の要です
断熱以上に湿気が室内外で移動しない気密性こそ欠かせない
『室内内壁側』で高い気密性があれば、壁内腐朽の心配も少なく快適な湿度を維持を両立できます。
でもこれが出来る業者は非常に少ないのが現実。
281: 匿名さん 
[2021-09-28 06:20:06]
/////////////////////////////
住宅相談統計年報2020(戸建て)
雨漏り(屋根・外壁) 1425件
結露(開口部、建具) 128件
結露(外壁、内壁)0件
http://www.chord.or.jp/tokei/tokei...
/////////////////////////////

2000年後半ぐらいから断熱強化の過程で壁体内結露が一時期問題になり、
2015年頃までは壁体内結露の相談数も40件程ありましたが、徐々に減っていき2020では、結露(外壁、内壁)の相談件数は0件となっています。

「過去」の冬型結露の原因として特に大きかったと考えられるのが、住んでいる人が石油ファンヒーター等の開放ストーブを利用していた事です。
「過去」の夏型結露の原因としては中途半端な断熱材厚と気流止めが無い為、屋根裏、床下の湿気を外壁内に呼び込んで冷房で冷やされた室内側の壁で結露を起こしていた事です。
「現在でも」アパート等の「共同住宅では」住人の知識不足から石油ファンヒーター等を使ってしまう人がいるらしく、「壁体内結露の相談がある」模様です。

壁体内結露の「過去」の事例は高気密への拘りを売りにして大手HMと差別化を図りたい工務店にとって、有用に使いたい貴重なエピソードというワケです。
このような工務店は必要のない気密測定、構造計算、オーバーな施工で顧客単価を上げるのに必死です。
彼らも仕事ですのでしょうがないのですが商売人は言葉巧みに自分のポジションに誘導してくるから気をつけましょう。

つまり、C値だ結露だ許容応力度計算だって異常に拘っている人はYoutuberの話を盲信して自分が最先端の知識を得たとHMの研究者よりも自分のほうが賢いと勘違いしている井の中の蛙です。

賢い方は、あくまでも国の定めた基準がベースである事を念頭に、それ以上の話については偏った書籍やYoutubeではなくもっと広い情報源から知識を得て自分の頭で考えるようにしましょう。
住宅について深い興味がある方は、論文を読みましょう。井戸の外を知る事ができます。
http://news-sv.aij.or.jp/jyutakuke...

統計から分かるように家の劣化対策において最優先で配慮すべきなのは雨漏りです。確率の高いものにしっかりと対策をしましょう。
壁内に結露や雨漏りがあるとカビが発生し、通常であれば、わずかな隙間を縫って室内側のクロスにカビによるシミが現れます。
内側を全面的に別張り防湿気密シートや、気密テープでがっちりと塞いだ状態だと雨漏りや結露に気づくのが相当遅れ構造体へのダメージに気づけ無いというデメリットもあります。
雨漏りは早めに対策しないと建物に致命的なダメージを与えます。火災保険や保証に入っているとおもいますが、気づけなければそれらを使用することもできません。

気密を売りにしている工務店は結露を0か1かで捉えて不安を煽ってくるので気を付けましょう。
「計算上は」結露が起きていますが、温度差の激しい部分がうっすら濡れて、乾燥を繰り返しているだけです。
工務店Youtuberは都合の悪い結露の「程度」や「確率」については濁して発信しています。
何にでも言えますが、リスクの話をされたら必ずその「程度」と「確率」も確認しましょう。

私もあるYoutuberが行っている冬型の結露計算の内容を確認してみました。
条件としては、内側気密シート無しのよくある一般的な断面構造、室内は湿度50%に暖房で25度の状況で
結果としては、結露が発生しますので内側にも気密シートを貼りましょうというものです。

外気温と屋外湿度の状況を東京の2020年の気象状況にあてはめると、「計算上」結露が起きるのは年に5日でした。その中でも数時間。
これがどういう気象かというと、夜晴れて放射冷却で外気が冷やされた次の日雨が降った状況です。
しかも計算では室内が換気され対流があることも考慮されておらず、結露量が1ccなのか100ccなのかも不明です。勿論、動画内ではその件には触れません。

大手HMがC値計測を表に出さないのはは、大局的にバランスをとって商品を開発しているからです。
気密や結露対策も大事なのですが他にも注意を払う事がたくさんあります。
現実と一致しない結露の定常計算だけにフォーカスをあてて開発することは有りえません。
皆さんも一つの事に拘らずよく考えてバランスの取れた工法を選択しましょう。

また、このようなポジショントークを行う工務店にとって少し頭の痛い存在が太陽光発電です。
このシステムは実質無料で屋根の上に設置する事ができ、圧倒的な存在価値で高気密高断熱住宅の経済的な利点をスポイルします。
太陽光パネルを載せると、バネル自体が物理的に熱を遮断してくれ冬も放射冷却を防ぎ温熱的にはかなり有利になります。

ZEH基準というのは本当によく出来ていて、太陽光パネルの発電量を含めて計算を行うとZEH相当の断熱が一番経済合理性が高くなります。
高気密高断熱でポジションを取りたい工務店が経済合理性についてYoutube配信をするとき、ZEH基準や太陽光発電を絡めた比較計算を「意図的に」しませんのでご注意を。




282: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 08:11:50]
>>北海道レベルの断熱なんて本州においては完全に金の無駄
まじでそんな金あるなら太陽光つけたほうがいいよ

うん、私もそれに近い見解。
HEAT20G2グレードあれば十分。
それ以上はお金に余裕があったらというのはそう思っている。
しかしパッシブハウス認定取得のモデルハウスに行った実体験より超快適だから無駄と切るのはおかしいと思います。
そしてそういう開発をする人、費用対効果を度外視して注文をする人が居るから技術が伸びる訳で決して無駄では無い。
現代で本州にもそこそこ広がっている断熱材厚があるため、通気層や気流止めが必要になった家は昔の北海道で高性能住宅と言われていた家。北海道レベルではなく、北海道の中の高性能住宅。

でもあなたが言ったのは「北海道は寒さ対策だけしていれば良い(キリッ」
人の揚げ足を取ろうとするから、自分もしつこく言われるんですよ。
283: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 08:45:28]
断熱性能になるけれど
A社UA0.6 C0.3 建売モデルハウス
A社UA0.56 C0.3注文住宅オープンハウス
B社UA0.46 C0.3注文住宅オープンハウス
C社パッシプハウス認定モデルハウス
各モデルハウス、注文住宅オープンハウスを見てきたけれど
快適性は「だから名前をつけて分けているのか」と思うほど違いました

A社UA0.6 C0.3
A社UA0.56 C0.3
外は同じように蒸し暑い日快晴の日であるのに冷房の利き出す時間、室内の温度感がかなり違いましたしね。0.04でこれほど違うのかなと思うほど。
ZEH相当とUA0.6X-0.5Xを含める人は実際にモデルハウスを見たことがないのか、数値が近いから同じようなもの「だろう」と論じているのかUA0.6近くまでできても0.6にはできない業者のどれかでしょうね。
284: 匿名さん 
[2021-09-28 08:56:13]
>>283 匿名さんこと他称ペッパーくん
たまたまじゃん。
冷房の設定や間取りでも変わるから一概には言えない

285: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 09:49:04]
>>284 匿名さん

確かに他の要因もあるでしょうね。
同社であるためかなりの要因は同じだとしても
同じ間取りでの検証はされないですし、同湿度湿度風量での検証不可、施工も多少はブレる、体感は個人差があるため永久に答えがでない。
分かる事は、0.56で区切るのは環境要因などを一切無視して、それ以上だと実現できることがある定義したということ。

私としては、2つとも特段変わった間取りではないこと坪数は似たり寄ったりであるのに違いを感じた→実体験を信じるしかないですね。感じたのは自分ですから。

自然が相手でさらに個体差があるため環境を揃え検証できない以上、違いを感じたという体験以上は書けないです。

私の書き込みを100で取らず

温熱環境の気になる方は
UA0.6 C0.3
UA0.56 C0.3
UA0.46 C0.3
パッシプハウス
の違いを感じるのか、皆様自身で検証して下さい。
286: 名無しさん 
[2021-09-28 11:14:00]
パッシプハウスってなに?
287: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 12:29:02]
>>285 匿名さんこと他称ペッパーくん
の続きで
温湿度、風、間取り、施工のブレ、気密、建材等全て無視した基準ですが
http://www.heat20.jp/grade/
6地域において冬の体感温度が
H25基準 8度を下回らない
G1=UA0.56 10度を下回らない
G2=UA0.46 13度を下回らない
とされています。
G1とG2の差=UA0.1の差で冬期においてこれくらい断熱性能差があるのですからデータとして存在しないものの
UA0.6±0.05は同じようなものであるというのはちょっと考えにくいと思います。
寧ろ、0.1違うとかなり違う、0.05くらいでもかわるのでは?

太陽光が有用というのに関して、私もそう思います。
288: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 12:38:18]
>>286 名無しさん

https://passivehouse-japan.org/ja/concept/
概要はサイトの通りです。
289: 名無しさん 
[2021-09-28 14:45:16]
passipe?w
290: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 14:53:32]
ああ、タイプミスの指摘ありがとうございます。
2度押ししたつもりが、1度押ししかしておらず、予測変換のまま投稿し続けていたようですり
291: 名無しさん 
[2021-09-28 18:50:29]
ペーパーやらパッシプやらパ行が好きなポンコツ

普通はハ→バ→パだわな
変な言い訳すんなや
フリック入力使え
292: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 20:03:52]
悪かったな
ガラゲー全盛期の癖が抜けずタブレットでのキーボード打ちかガラゲー打ちしか出来んのだよ
293: 匿名さんこと他称ペッパーくん 
[2021-09-28 20:06:24]
それより以前の投稿の>>282ではパッシブハウスと打ててるのは
タブレットからキーボード打ちしているためw
フリック入力勧めてくれてありがとな。
294: 北海道は寒さ対策だけキリッ 
[2021-09-28 20:09:23]
ところでペッパー君のペッパーハウスはどんな間取りにしたの?
俺は2階リビングだけど
295: フリック入力できない他称ペッパーくん 
[2021-09-28 21:38:25]
>>294 北海道は寒さ対策だけキリッさん
ハンネ秀逸だなwwwナイス過ぎるwww
1Fリビング
玄関に入りすぐの左右の扉が洗面洗濯浴室(その奥がトイレ)とリビングみたいなオーソドックな間取りだよ。
296: 匿名さん 
[2021-09-28 22:29:41]
気密以外何もないの?
297: 北海道は寒さ対策だけキリッ 
[2021-09-28 22:31:41]
>>295:フリック入力できない他称ペッパーくん
ペッパーおじさんにしかウケないけどね!

なんか間取りとかに拘りないの?
298: 匿名さん 
[2021-09-28 22:36:50]
いや、あるでしょ
ちょっと前に耐震とか自慢してたよ
確かに高スペックだったよ実際
本当ならね
299: 北海道は寒さ対策だけキリッ 
[2021-09-28 23:58:49]
>>298:匿名さん
まあ折角構造計算するなら間取りとか開口とか拘らないのはもったいないわな

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 

レスを投稿する

スレッド名:高性能住宅の真実

下げ []

名前: 又は匿名を選択:

写真(1): ※自分で撮影した写真のみ投稿可

写真(2):
写真(3):
写真(4):
写真(5):
写真(6):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

 
コダテル最新情報
Nokoto 最新情報
 

最近見たスレッド

コダテルブロガー

最新のスムログ記事

Powered by feedwind

戸建てリフォームのお役立ち情報

リフォーム価格相場を見る
費用までわかるリフォーム事例も充実!リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

 

リフォーム会社を紹介してもらう
厳選のリフォーム会社紹介と匿名のやり取り、そして工事完成保証を備えています!

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ハウスメーカーレビュー

ハウスメーカーレビュー|プロの現場調査と実際に購入した人の口コミ

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

下げ []

名前:

写真(1):
写真(2):
写真(3):
写真(4):
写真(5):
写真(6):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

ウィンドウを閉じる