住宅設備・建材・工法掲示板「床下エアコンってどうよ?」についてご紹介しています。
 

広告を掲載

  • 掲示板
名無し@e戸建て [更新日時] 2017-02-23 22:23:00

基礎断熱にしようと思ってるんだけど、湿気対策も兼ねて床下にエアコン設置して冬場の暖房にも使おうと思うがメリット・デメリットを教えてくれ。

[スレ作成日時]2011-01-13 17:41:50

床下エアコンってどうよ?

コメント  

No.3837  
by tk 2017-02-23 13:20:07
>3835
頭寒足熱教に凝り固まっているおじさん理論は単なる伝聞。
あるものを利用して金をかけないtkの方法は、実施して結果を得ている。
これが一番設備費用がかからない方法だ。
No.3838  
by tk 2017-02-23 13:45:18
●床下エアコンに適したエアコンは
・高機能エアコンは無駄
 床下に人はいないから、安いベーシックな機能のもので充分

・室内機の背の高さ25cmのものがよい
 ドレン配管接続口の位置が5cm高くなるから、基礎貫通孔の高さも5cm高くできる
 あるいは、基礎貫通孔の高さが室内機高さ30cm用と同じなら、ドレン配管をさらに5m横引きできる。
 背が低い機種は幅も狭いから、狭い床下取付けに向いている

・ワイヤード・リモコンが使えること
 日立のリモコンが一番安い
 エアコンを完全に床下に設置するときには役に立つ
No.3839  
by 入居済み 2017-02-23 16:33:19

>>3826
>●再熱除湿冷房の考え方
>やり方の説明では理解が難しいことに気が付きました。
>相対湿度と絶対湿度の関係を”腑に落ちるまで分かる”人は少ないでしょう。

なかなかどうして難しいです。 何度も詳しい解説ありがとうございます!

>原理
>・床下空間と1階空間を分離する(別々の室温にする)
>・床下で充分に冷却・除湿された空気を1階に少量ずつ供給する

小型の通風ファン(50~60m3/h程度)で一階の空気を床下に送り、
床下の空気を一階に押し出すのですね。

> 床下への空気の供給量を少なくする(60m3/h前後)ことがポイントです。
>・この空気で1階空気を冷却すると同時に乾燥させる
> 冷えた床下空気の水分量が少ないから、これを1階空気と混合すると湿度を下げられる。

床下の空気は相対湿度が高くても絶対湿度は少ないので、一階に押し出された後は一階の空気と混ざって温度が上昇し、相対湿度が下がるという訳ですね。

>・これとは別に、1階床面全体が冷えるから面冷房効果がある。
これは床下エアコンによる床暖房と同じ理屈なので直ぐに感覚的に理解できました。

>エアコンの再熱除湿モードは、1台のエアコン内の前段で吸込み空気を冷却・結露させて除湿した後、
>後段で暖房し、冷えた空気温度を再加熱しています。

高級なエアコンの「再熱除湿」が優れている点は、室内機側に再熱用の熱交換器を持っており、通常なら冷房時に室外機から捨てている熱の一部を使って再熱していることです。電熱線で温めるよりは無駄が少なくて良いと思いますが、それでも冷房に要する電力に加えて再熱のための電力が必要となり、室温が下がらないのに電気代は冷房より高くつきます。昨年試してみたような、床下エアコンを暖房、小屋裏エアコンを冷房にして同時運転させるよりは遥かにましですが(笑)。でも再熱除湿付きエアコンは各社最上位グレードでしたから、本体価格も高かったですよね。

>再熱除湿冷房は、再熱除湿モードを冷房モードを利用して強化する方法です。
>床下と1階の空気環境を利用して同じことを実現させています。
>床下で冷却・結露させて、その冷えた空気を高温の1階空気で再加熱します。
>再加熱を1階空気で行なうから省エネになります。

一階空気で”再熱”除湿という意味なのですね。再熱に更なる電力を消費しないところが素晴らしい!!

>”床上吸込み”の床下エアコンでは、この方法は実現できません。

tkさんの方法でも一階の空気をエアコンに吸わせている(床下に送って床下空気と攪拌した後ですが)点は同じですから、
”床上吸込み”の床下エアコンでも吸込み空気の量を「少なくする(60m3/h前後)」にするのはどうでしょう?
これなら簡単にできそうです。
床下エアコンの吸気口と排気口を隔てる板を一部取り外し、床上に出ている吸気口を絞ってやるだけで実現しそうです。
今年の夏にやってみようと思います。
それとも床下エアコンと離れた遠い場所から一階空気を送らねばなりませんでしょうか?

自宅設計中にネットで拾い読みした論文抜粋(たしか九州大学)にtkさんの方式と同じと思われる記述があったのを思い出しました。
床下冷房を行っている床下にファンで一階空気を送り込むと一階の湿度が急速に下がっていった、という内容だったと記憶しています。

>普通の居室の冷房と同じになり、床下と1階の両方が湿度の高い冷えた空気になります。
まさにそうなんです。というか、床下の気温がグングン下がって相対湿度は一階以上に高く(80パーセント以上)なってしまい除湿になりません。
屋根裏の空気を縦ダクトで床下に送り込んでみても床下温度を上昇させるほどの効果はありませんでした。
そもそも我が家は天井断熱でなく屋根断熱なので屋根裏の機械室内もあまり暑くなってくれないので。

>湿度が高いため、室温を低めにしないと暑苦しさを解消できません。
そうなんです。
室温を高めにすれば相対湿度が下がってくれますが、そのためには冷房を止めねばならず、冷房を止めると24時間換気で流入する高湿度の外気によって室温も室内相対湿度も上昇して蒸し暑くなってしまいます。
外気と共に流入する水蒸気を室外に捨てつつ室温を下げすぎない方法を模索している次第です。
24時間換気を止めて冷房を極々弱くして行けばどこかでバランスするのでしょうが、24時間換気って換気量を調節するスイッチはあっても停止するスイッチって付いてないんですよね。なにせ「24時間換気」ですからね。
No.3840  
by 名無しさん 2017-02-23 17:38:46
>24時間換気って換気量を調節するスイッチはあっても停止するスイッチって付いてないんですよね。なにせ「24時間換気」ですからね。

そんなのメンテも修理も出来ないやん。
ほんとにスイッチ無いなら、ブレーカー落とせば止まるだろうけど。
No.3841  
by 匿名さん 2017-02-23 17:50:06
>3839
床上吸気、床下吹き出しの床下エアコン冷房では床下→エアコンに近いガラリ→1階床(冷気)→床下エアコンの流れになる。
局所の下の方だけになるから冷房も少なく直ぐに止まり除湿も出来ない。
屋根裏の空気を縦ダクトで床下に送っても無策では屋根裏→縦ダクト→床下の上部(暖気)→縦ダクトに近いガラリ→室内→屋根裏。
冷気と暖気が混ざらない2つの流れが出来、効率が悪く除湿出来ない。
床上吸気を塞ぎ、縦ダクトから通路を作り床下エアコンに吸わせれば一応は正しい冷房ルートが出来る。
家の性能と外気流入の湿気により室温湿度は決まる。

床下エアコンと屋根裏エアコン2台による再熱除湿も手直しがいる。
床板だけを温めれば良いのだから一番遠い所のガラリ以外は蓋をして室内流れをほとんど無くす。
または床下吸気、床下吹き出しにする、暖房で無いからショートパスしても良いと思う。
屋根裏エアコンは冷房(除湿だと湿度センサーが悪さする?)が止まらないようにするため設定温度16℃等到達出来ない値にする、風量は最小にする。
こちらは暖気と冷気が分かれた方が良い。
No.3842  
by tk 2017-02-23 18:32:46
>3839
充分理解されています。
分かってしまえば、何事も簡単です。
No.3843  
by 匿名さん 2017-02-23 18:48:21
>3839
> 床下への空気の供給量を少なくする(60m3/h前後)ことがポイントです。
これは換気量を減らして外気からの湿気を減らしてる。
>”床上吸込み”の床下エアコンでも吸込み空気の量を「少なくする(60m3/h前後)」にするのはどうでしょう?
上とは意味合いが異なる。
No.3844  
by 匿名さん 2017-02-23 19:11:12
>3843を補足説明すると。
気積の小さい、床下に換気空気を入れて絶対湿度の高い時点で除湿してる。
ヒポンにはならないが少し近い状態になる。
室内に換気空気をまき散らしてから除湿するより効率が良くなる。
まき散らしてから床下に入れても除湿効率は良くならない。
No.3845  
by 入居済み 2017-02-23 22:14:33
>No.3841
>床上吸気、床下吹き出しの床下エアコン冷房では床下→エアコンに近いガラリ→1階床(冷気)→床下エアコンの流れになる。
局所の下の方だけになるから冷房も少なく直ぐに止まり除湿も出来ない。

ご指摘のようにならぬ様
冷房期間は一階床ガラリは塞ぎ
一階床下から縦ダクトで冷気を一階天井懐に送り
二階床ガラリから床下の冷気を排出
して循環するようにしていました。
入居前は冷房の効き具合が不明だったため、冷房の効きが悪ければ、一階天井に冷気吹き出し用ガラリを設ける予定で準備していましたが、寧ろ室温が下がりすぎてしまう状況でしたので一階天井ガラリは設置していません。
床下冷房は最初の夏に一階床下が低温高湿度状態になってしまったので止めて、翌夏は小屋裏エアコンのみで冷房しました。
しかしそれでも、居室の相対湿度を60パーセント以下に安定維持することが難しいです。
除湿器を使ったり暖房も同時運転すれば室温を下げずに湿度を下げることができるのですが、どちらの方法も少なからず電力を消費してしまいます。

>床上吸気を塞ぎ、縦ダクトから通路を作り床下エアコンに吸わせれば一応は正しい冷房ルートが出来る。
↑この方法でよければ床下エアコンの床上吸気口を塞ぐだけなので簡単に実施できます。
一階の空気をエアコンに吸わせず屋根裏の空気だけを吸わせるようにするということですね。
夏になったら試してみます。

>床下エアコンと屋根裏エアコン2台による再熱除湿も手直しがいる。
>床板だけを温めれば良いのだから一番遠い所のガラリ以外は蓋をして室内流れをほとんど無くす。
>または床下吸気、床下吹き出しにする、暖房で無いからショートパスしても良いと思う。

その方法だと早々に床下が設定温度に達してエアコンが運転を止めてしまいそうです。
床下エアコンが運転と停止を繰り返しつつ床下を29度位の高温に維持できたとしても、室内の空気を再熱するのは一階の一番遠いところにあるガラリからのゆっくりとした温風(床下空間に陽圧が掛かっておらず、床上と床下の温度差による自然対流だけで床上に上昇するため)と床からの輻射熱だけになってしまいます。
再熱の効率が悪いと予想されますがでうでしょう?


>屋根裏エアコンは冷房(除湿だと湿度センサーが悪さする?)が止まらないようにするため設定温度16℃等到達出来ない値にする、風量は最小にする。

昨年の夏に、当家の屋根裏エアコン設定温度の下限値18度で試してみました。
床下エアコン暖房
床上吸気
床下排気
一階床ガラリ開
屋根裏縦ダクトは強運転
でした。
結果、屋根裏の気温は、早々に18度到達してしまい、それ以上除湿はしなくなりました。
それでも床下の暖房の力で室温26度、相対湿度50パーセントという大変快適な環境になりました。
ただし、消費電力は1.5~3kw・h(それぞれのエアコン運転状況により変動が大きかったです)にもなって電気代がとても高くなる見込みとなったので実験中止して普通に屋根裏エアコンのみで冷房に戻しました。

>こちらは暖気と冷気が分かれた方が良い
↑この部分は文意が読み取れませんでした。
できることなら暖かい、即ち絶対湿度が多い空気を屋根裏に送り込んだほうが除湿が進むように思えるのですがどうでしょう?
No.3846  
by 入居済み 2017-02-23 22:23:00
>No.3843
>換気量を減らして外気からの湿気を減らしてる。

居室から床下への送気量を減らすのではなく、換気量そのものを減らすという趣旨だったのですね。
確かにそれなら湿度を下げやすいですね。
問題は24時間換気装置は換気量を一定以下には下げられないことです。
もちろんブレーカーを落とせば換気を止めることはできますが、それでは空気質の悪化とどうしても換気したい場所(浴室)の換気も出来なくなってしまいます。
浴室を個別換気にすれば後者は解決できます。

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 
 

レスを投稿する

名前: 又は匿名を選択:

下げ []

写真: ※自分で撮影した写真のみ投稿可

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

スポンサードリンク 広告を掲載

スポンサードリンク 広告を掲載

お知らせ

Powered by feedwind

最近見たスレッド

Powered by feedwind

スポンサード・リンク

アプリでサクサク探せる
一戸建て住宅探しはYahoo!不動産物件検索アプリ

 

一戸建てを建てる
都道府県からハウスメーカー・工務店を探す

 

主要ハウスメーカー・工務店

積水ハウス一条工務店住友不動産住友林業ミサワホーム大成建設ハウジングタマホームセキスイハイムパナホーム三井ホームアイフルホームトヨタホームアキュラホームスウェーデンハウスクレバリーホームイシンホーム住宅研究会ダイワハウス日本ハウスHDレオハウスアエラホーム桧家住宅富士住建ユニバーサルホーム近鉄不動産ウィザースホームヘーベルハウス一建設サーラ住宅アイダ設計セルコホームヤマダ・エスバイエルホーム土屋ホームフジ住宅無印良品の家三菱地所ホームヤマト住建泉北ホームヤマヒサレスコハウスサンヨーホームズ フィアスホームカンパニーイムラJPホーム東急ホームズダイケンホーム&サービスフリーダムアーキテクツデザイン県民共済住宅夢ハウスBESS秀光ビルド株式会社イシカワオープンハウスアーキテクト神出設計エコアハウス古河林業三栄建築設計北洲ハウジングノーブルホームハーバーハウス日栄商事株式会社トヨタウッドユーホーム四季工房オーガニックスタジオ新潟昭和建設グランディハウスエスケーホームコンセプトハウス東京組センチュリーホーム納得住宅工房ニューハウス豊栄建設ケイアイスター不動産悠悠ホーム山下建設サンユー都市開発コンフォートハウス創建ホームヤマダ・ウッドハウスアイ工務店
 

スポンサードリンク

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

名前:

  利用規約  下げ []

写真:       
ウィンドウを閉じる
携帯にURLを送る