住宅設備・建材・工法掲示板「床下エアコンのメリット・デメリットを教えてください」についてご紹介しています。
  1. e戸建て
  2. 住宅設備・建材・工法掲示板
  3. 床下エアコンのメリット・デメリットを教えてください
 

広告を掲載

名無し@e戸建て [更新日時] 2022-08-09 19:14:14
 削除依頼 投稿する

基礎断熱にしようと思ってるんだけど、湿気対策も兼ねて床下にエアコン設置して冬場の暖房にも使おうと思うがメリット・デメリットを教えてくれ。

[スレッドタイトルを更新しました 2017/12/06 管理担当]

[スレ作成日時]2011-01-13 17:41:50

床下エアコンのメリット・デメリットを教えてください

コメント  

9588: tk 
[2022-04-28 08:04:45]
>9584の続き:◆湘南の床下エアコン…⑩

●tk宅の第2種換気で壁内結露が起きない理由

・2階排気口付近の内外圧力差

排気口はΦ100のものが5個付いている
床下吸気量にくらべて十分な排気量があるから、
排気口付近の室内と屋外に圧力差はほとんどない
これは年間を通して変わらない
外気風量はシロッコファンにより一定に保たれているから
排気口内外の圧力差も一定である

・床下圧力の変化

冬季
床下温度は24~26°Cに制御している
空気の密度は温度1°C当り1/273変化する
床下26°C、外気0°Cのときは、26/273≒0.1
約1割軽くなる
この密度差で床下の内/外圧力差が決まる
冬は、床下圧が低くなり、
これにより館内全体の圧力も低くなる
したがって、壁に隙間があれば外気が侵入する
外気は絶対湿度が低い上に、
壁断熱材を通過するとき温度が高くなり、
相対湿度はさらに下がる
したがって、壁内断熱材の結露は起こらない

夏季
1階は温度28°C。湿度60%にしている
このとき床下温度は24°Cくらいになる
このとき床下の内/外温度差は6°Cになり、
密度は6/273≒0.02 だけ外気より重くなる
冷房時は外気温度より室温が低いから、
室内圧力は外気圧よりわずかに高くなる
このため、壁内スキマから室内空気が外壁側に漏れる
漏れた空気は壁内で温められるから、
壁内結露は起こらない
したがって、夏も壁内断熱材の結露は起こらない
(続く)
9589: e戸建てファンさん 
[2022-04-28 08:15:16]
設備はなるべく少なくという原理原則があるので、
基礎外断熱、床下エアコン、外気は基礎から取り入れ床から給気、排気はトイレの三種換気、定期的な床下点検は自分でやる、床下塗装、床下清掃
9590: tk 
[2022-04-28 11:45:51]
>9589
>外気は基礎から取り入れ床から給気、排気はトイレの三種換気・・・

キッチンのファンは動作時に大量排気します
このとき必要な空気はどこから取り入れますか

tk宅は大量排気すると、2階の通気口から外気を大量に吸込みます
通気孔は吸/排が自然に切り替わります

自然のバランスを利用して、
余計な機械をつけないという原則通りです
9591: e戸建てファンさん 
[2022-04-28 11:59:04]
最近はもう、同時給排レンジフードが普通ですね。
9592: tk 
[2022-04-28 17:21:31]
>9591
>最近はもう、同時給排レンジフードが普通ですね

tk宅のレンジフードも同時給排だが、
吸気位置がフードの上でうまく排気できていない
フードの高い位置でショートパスを起こしてレンジの煙が室内に拡散している

ガスコンロの近くに外気の吸気口があればうまく排気できると思う
同時給排が一般化する前には、
コンロ近くに吸気するする機器を作っている業者があったが、今はなくなっている

解決法は2通りある
1.同時給排をやめる(吸気ダンパーの配線を外す)
2.ガスコンロ近くに吸気口を新規に付ける

そのうち、これを解決したい
まず、簡単な1.からやってみるかな
9593: tk 
[2022-04-28 18:03:10]
>9587
>フィルターは、PMと花粉まで対応したものをつける予定です。

tk宅が花粉対応のフイルターを付けた理由を思い出しました
PM2.5対応のフイルターを付けると目詰まりが頻繁に起き、
フイルター交換が面倒だからです

PM2.5対応フイルター(HEPA)は単独で使うとすぐ目詰まりを起こします
だから、花粉サイズのフイルターと2重構成で使います
tk宅のビル空調用フイルターはHEPAフイルターを買えば、
2重構成が可能です

PM2.5は湘南では問題にならないので花粉だけにしました
9594: tk 
[2022-04-29 12:49:27]
本文 >9588の続き:◆湘南の床下エアコン…⑪

●tk宅の室温制御

去年3月に床下エアコンを交換したとき、
温度センサー内蔵の有線リモコンを付けて、
リモコンを1階に取付けた

・冬季
22年冬シーズンは、リモコンを1階に取付けることにより、
床下エアコンは1階室温を測って動作した
ときどきエアコンは温度設定値から少し外れた状態でバランスする
原因はエアコンの制御アルゴリズムによると思うが、
メーカーの設計者の検討不足だろう
床下温度は外気温度の変化に追従して24~27°Cの間で動いていた

21年冬までは、床下エアコン内蔵の温度センサーで床下温度を制御していたので、
1階室温の変化を見ては、床下エアコンの設定を変更していた
設定を変えるとき、床板をはぐってリモコンを操作するのが面倒だった
また、何度に設定したらよいか迷った

22年シーズンこそ温度設定の変更なしになる、
と期待したが思惑通りにはいかなかった

しかし、変更頻度は格段に減り、1階のリモコン操作は楽だった
リモコンの温度設定は、1°C刻みの変更だけで済んだ
1階室温が20°C以下になったら設定を1°C上げ、
21°Cを超えたら1°C下げるだけだ

2階は外壁・窓・天井から室内が冷却されるから、
1階より1.5°Cくらい低くなる
これを補正するために2階用エアコンを付けている
今は10畳用エアコンだが、大きすぎるので、
壊れたら6畳用と交換するつもりだ

・夏季
夏季の室温は28°Cを目安に制御している
このとき床下温度は24°Cくらいでバランスしている

24°Cの空気が1階床の通気口から1階に登ると、
室内温度が冷却されて28°Cまで冷却される
1階は床板全体からも冷却されている
素足で歩くと床板はかなり冷たくて気持ちがいい

最高気温が34°Cを超えると、
床下エアコンの能力不足で室温が28°Cをオーバーする
そのときは1階エアコンを起動して冷房すれば28°Cは維持できる

2階温度は、1階より1.5°C高くなるから2階エアコンで冷房している

(続く)
9595: 匿名さん 
[2022-04-29 13:12:48]
うちは高気密高断熱の平屋なので床下エアコン一台で夏も冬も快適です。
電気代もかかりません。
9596: tk 
[2022-04-29 14:36:51]
>9595

いまどき当たり前
9597: 名無しさん 
[2022-04-30 08:12:43]
いえ、全体から見れば、床下エアコンはまだまだ認知度は低いですね。
9598: tk 
[2022-04-30 12:54:45]
>9595
>電気代もかかりません。

床下エアコンと床暖熱とで電気代の差はない
住宅全体の断熱性能がよければ電気代はかかりません
9599: tk 
[2022-04-30 13:22:24]
>9594の続き:◆湘南の床下エアコン…⑫

●tk宅の湿度制御

冬季の床下散水
冬のエアコン暖房で最も問題なのが室内の乾燥である
40坪の全館を湿度50~60%に維持するには、
15リットル/日くらいの加湿が必要になる

tk宅では、当初は加湿器を使っていたが、
給水が面倒だったので加湿器はやめて、
床下の基礎底盤に1日に1回、散水している

経  過
築後1年間は、電熱式加湿器4台使った
4台の給水に追われた

築2年後に、床下撒水を思いつき、
試したらうまく行った
1日に1回、バケツで床下に水を流すだけだから、
加湿器より圧倒的に楽ちんだ

築後10数年間はバケツで床下に水を撒いていたが、
これも面倒になったので、
トイレのフラッシュタンクと同じ仕組みの合板製タンクを自作した
水を流すときはロープを引くだけで済む
1階の散水で1日当り湿度が3%アップする
外気の温湿度条件で室内湿度が変化するから、
毎朝、湿度計を見て散水回数を決めた

沢山水をまくと床下の水たまりの面積が大きくなり加湿量が増える
外気温湿度の傾向が変わらなければ、
この面積を維持するように散水すれば、室内湿度は安定する

床下の水たまりの外周に黒カビが発生したため、
スーパーで売っている過炭酸ソーダをときどきタンクに入れて撒いている。
これで黒カビの増殖は止まった
過炭酸ソーダは酸素しか発生しないから人体に対する毒性はない

夏季
夏季は1階室温制御するだけで、湿度は60%くらいで平衡している

床下を24°Cまで冷やすと結露水がかなり出て床下絶対湿度が下がる
この絶対湿度は床下温度が変わらなければ安定している
この空気が1階床の通気口から1階に登ると28°Cまで加温され、
相対湿度が下がる
これが湿度60%付近で安定している理由だ

この床下温度制御方式は、
室内エアコンや半床下エアコンに比べて湿度がよく下がる
湿度が60%なら室温28°Cでも蒸し暑くない

(続く)
9600: 名無しさん 
[2022-04-30 14:18:01]
tkさんはいろいろ実験していて楽しいそうですね。
でも一般化は難しい内容なので、こちらにも情報をお願いします。
コピペでもかまいません。
https://www.e-kodate.com/bbs/thread/677945/

9601: tk 
[2022-05-01 12:54:39]
>9555
>妄想は不要、百害あって一利なし
>スレ汚しは迷惑極まりない

tkのスレ汚し「◆湘南の床下エアコン」はほぼ終わった

おじさんほど完璧なスレ汚しはとても書けなかった
おじさんの汚らしい表現は年季が入っている
多分、頭の中すべてがこのように汚らしいのだろう
tkは、おじさんにはとても追いつけない

9602: tk 
[2022-05-04 09:56:12]
>9599の続き:◆湘南の床下エアコン…⑬ 終わり

●その他
・壁紙
築18年目に入ったが、壁と天井の壁紙が剥がれた場所は1個所だけだ
その他は新築時と変わらずしっかりとくっついている
冬季に湿度を50~60%に維持したから、
壁紙の乾燥による収縮がなかった
汚れは数年ごとに濡れタオルで落としている

・外壁の軒下付近のサビ対策
tk宅は海に近いから台風が内陸側を通過すると潮風が飛んで外壁に塩分が付着する
軒下付近は雨があまり当たらないから塩分が流れない
だから錆びやすくなる
台風通過後、地上から水道水の噴射で洗い流している
築後に分かったことだが、ガルバリウム鋼板の3倍も錆びにくい鋼板がある
マグネシウムを追加したものだ
これを使えば、台風後の水噴射は必要ないかも知れない

・地震
壁量を基準法の3倍にし、屋根と壁を鋼板で軽量化したことで剛性が高い
地震の瞬間だけ家が揺れて、終了後、揺れが続くことはない
だから小さな地震は気が付かない

・保守
築18年目になり、これまで屋根と外壁はまったく触さわっていない
腰高窓は塩ビ枠なのでメンテフリーである
木枠の掃出し窓は外側に防腐ニスを2回塗った
掃出し窓の外にはウッドデッキやバルコニーをつけてあるから塗装は容易だ

●まとめ
改良を続けた床下エアコン・システムは、
16年目に温度センサ内蔵リモコン付きエアコンで完成した
床下にシロッコファンで外気を供給することにより、
床下から2階外壁の換気口まで、
ゆっくりとした上昇気流が得られた
これで第3種換気のように室内に冷風が流れなくなった
しかも使用する機器は第3種換気と同じく、シロッコファンだけである

加湿は床下散水で1日1~2回、紐を引くだけで湿度50~60%になっている
冷房時の除湿は、制御しなくてもエアコンだけで湿度60%になった

設計時に目標としたパッシブ換気住宅と同等以上の室内環境が、
床下エアコンと床下吸気ファンで実現できた

(終わり)
9603: tk 
[2022-05-24 09:43:11]
◆1階の局所排気にプロペラファンを使用

1階でチンチラ(アンデス原産の齧歯類)を飼うことになった
チンチラは植物食で、糞尿のニオイはほとんどしない
餌の牧草のニオイが目立つので、
部分常時排気をした

tk宅は、床下から供給された外気が2階壁の排気口から排出される2種換気である
この換気方式は、室内外圧力差が少ないから
プロペラファンが使えるはず、と考えて実行し、
うまく機能した

1階は浴室だけ換気扇があり、使用時だけ使っている

チンチラ飼育場所の近くにロスナイ換気があり、
これを外してΦ10cmのプロペラファンを付けた
最小風量のファンを選んだが、
これでも風量が多いので排気口をΦ5cmに絞った

建物の内外圧力差が大きいとプロペラファンでは排気できないが、
tk宅の換気方式は、内外圧力差が少ないから、
使えた

2階排気口の部分の内外圧力差は0であり、
3m下の1階プロペラファンの内外圧力差は
内外温度差により決まる

冷房時は室内空気が重いから外に排気され、
暖房時は室内空気が軽いから外気が室内に吹き込む

このようにぶ排気が安定しないから、
プロペラファンで常時排気することにした

室外側の排気口に手を当てて排気が行われていることを確認した
室内の牧草のニオイも消えた
9604: tk 
[2022-05-30 08:15:08]
◆中間期の床下エアコンの温度制御

全没型床下エアコンのtk宅では、
中間期はエアコンを止めて、窓開けをしていた

今年は外気温の変化が大きいため、室温変化が大きい
そこで、1階室温測定方式に変えた効果を確認するために除湿運転を行った

昼間の高温時にはエアコンが動作し、
夕方と夜間はエアコンが停止している

床下温度設定をしていたとき、
除湿運転では1階の冷えすぎ現象が起きて、
運転停止スイッチで止めていた
これが面倒なためエアコンを使わなかった

1階温度設定で床下エアコンを制御する方法に変えてから、
中間期でも室温制御ができるようになった

梅雨時でもこの方法は使えると思う

普通の居室エアコンと同じことができる、
というだけのことだが、
tkにとっては、床下エアコン18年目の発見だ

ネット上では10数年以上前からこの方法が紹介されていた
実際に試さないと分からないものだ
9605: tk 
[2022-06-27 15:27:18]
◆東京は35°C
テレビを見ていたら日本はだいぶ暑そうだ
例年なら35°Cを超えたら室温28°Cは維持できない
近くのアメダス辻堂は午後から気温は29°Cくらいだった

全没床下エアコンの状況:除湿運転、1階室温設定:25°C
・1階室温:26.5℃(湿度55%)
・床下循環風温:23.3°C
・エアコン(除湿運転)吹き出し温度:13.6°C
・消費電力:3A

一昨年までの床下温度設定で冷房運転をしていたときは、
消費電流は5Aくらいだった
今年の除湿運転では、風量が冷房運転より少ないから、
吹き出し温度が下がって、1階湿度が下がるようだ

今使っているエアコンは、三菱製で最も安価な機種だ
床下エアコン用はこれが適していると思う
9606: tk 
[2022-08-09 16:51:40]
◆真夏の床下エアコンを除湿運転している

これまで経験したことがない省エネ運転ができている
冷房運転では消費電力:500Wになるが
除湿運転では消費電力:280Wになっている

このデータによれば、
全没床下エアコンの夏季冷房は、除湿運転をすると省エネになる
理由は今のところわからない

詳 細
日陰の外気温:33.2°C
1階室温:28.1°C 湿度:56%
エアコン:除湿運転 消費電力:280W
床下循環風温度:23.6°C エアコン吹き出し温度:14.0°C

これまで、この外気温度で冷房運転をすると、消費電力はいつも500Wくらいになっていた
新築入居して以来17年間、エアコンは再熱除湿型だったから、
夏季の除湿運転はしたことがなかった

現在使っている三菱エアコンは再熱機能のない単純冷却除湿なので、
除湿能力は高い(吹き出し温度が低い)

三菱エアコンでも冷房運転をすると消費電力は500Wになる

9607: tk 
[2022-08-09 19:14:14]
書き込んでしばらく経ったら、おじさんのヒポンを思い出した
>9188
中華製の安価な除湿機で夏の冷房を実現していた
しかも省電力だ

>9660は、専用除湿機を使わないで同じ機能を実現していた
床下エアコンとして非再熱除湿型を採用するだけでよい
余計なものをつけないで9188と同じことができるから、
こちらの方が優れている

[PR] 理想を叶える家づくりプランを無料でお作りします - HOME4U家づくりのとびら

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 

レスを投稿する

下げ []

名前: 又は匿名を選択:

写真(1): ※自分で撮影した写真のみ投稿可

写真(2):
写真(3):
写真(4):
写真(5):
写真(6):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

 
コダテル最新情報
Nokoto 最新情報
 

最近見たスレッド

最新のコダテル記事

コダテルブロガー

戸建てリフォームのお役立ち情報

リフォーム価格相場を見る
費用までわかるリフォーム事例も充実!リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

 

リフォーム会社を紹介してもらう
厳選のリフォーム会社紹介と匿名のやり取り、そして工事完成保証を備えています!

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ハウスメーカーレビュー

ハウスメーカーレビュー|プロの現場調査と実際に購入した人の口コミ

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

下げ []

名前:

写真(1):
写真(2):
写真(3):
写真(4):
写真(5):
写真(6):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

ウィンドウを閉じる