家を建てる年齢は早い方が良いのは本当なのか?

スポンサードリンク


おう、コダテル夜8時30分の男、俺(@eightblog_hachi)だ。




久しぶりの投稿になってすまんな。
待たせた分、度肝を抜く記事を用意してやったぞ。
刮目せよ!




お前らA「家をいつ建てたらいいんだろうぅぅぅ?」
お前らB「家建てたいけど、本当に建てていいのかしら。。。」
と、迷いに迷って
建てられずにいるそこのお前らっ!

今日はこの俺が、年齢は早い方がいい
という説は本当なのか?
例によってこの独断と偏見のみで
答えを出してやろう。




今回は「結論ありき」だ。
いきなり結論を出して
なぜその結論に至ったのかをウダウダ述べる。

結論だけ見たければ
最初の段落だけ見てGoodby!だっ!!
今流行りの時短だな
無駄な時間を省いてやったぞ。




しかし、たまにはだな
結論を先に出して
なぜその結論に至るのかを読に進めるのも
なかなか楽しいもんだぞ。
気分は「刑事コロンボ」だな。
先に犯人を見せておいて
コロンボが僅かな綻びに気づき
様々な仮説から名推理を駆使して
犯人に辿り着くパターンだな。




あ゛あ゛あ゛ん!
刑事コロンボを知らんだとぉ!?

そんなバカな。。。
今は西暦何年だっ!?
今見ても全く色あせない名作だぞ。
刑事物が好きなヤツは絶対見とけ!
損はないっ!!

あ?おすすめは?だとぉ
良い質問だっ!

「権力の墓穴」
(原題:ANY OLD PORT IN A STORM)
「別れのワイン」
(原題:A FRIEND IN DEED)

は鉄板だ!
HuluやU-NEXTで見れるらしいぞ。




おっと、また脱線してるな。
じゃあ早速始めよう。




         




家を建てる年齢は早い方が良いのは本当なのか?




始めるぞ、ついて来いっ!







家を建てる年齢は早い方が良いのか?それは。。。








今日は結論からだからな。
腕組みする俺がいきなり登場だ。




では答えよう。
家を建てる年齢は
早い方が良いのか?
それは。。。




そんな事は無いっ!




以上っ!解散っ!!




         




        




ああ、聞こえるぞ。
日本中から
「ふざけんな!コノヤローッ!!」
「結論じゃねーじゃねえか、舐めんなっ!!」
っていう怒号がな。
当然計算づくだ。
どうだ、度肝を抜かれるだろ?




あ?そんな釣りは要らんだと?
まあ、そう言うな。
じゃあ、何で
「早い方が良い、という事は無いっ!」
という結論に至ったのか。
俺の話を聞くがいい。




家を建てる平均年齢は43-44歳




出典:https://realestate-sale.link/house-purchase-age/




この項目は「不動産売却の教科書」から引用している。
注文住宅を購入した年齢の平均は
ここ5年は43~44歳
と言ったところだ。

俺も注文住宅を建てた時の年齢は43だった。
正味な話、俺の職場の家を建てた連中の年齢と
照らし合わせても43歳は相当遅いと感じた。

俺は多分ローン返し終わる前にタヒぬな。
団信でチャラだな、ヨシヨシ!
そんな風に思ったりもした。
あ、ちなみに団信でチャラの話
ぽっくりタヒなないと
大変な事になるからな。
気を付けろよ。


話を元に戻してだな。
この世の家を建てた平均年齢は43~44歳らしい。
なんだ、俺平均じゃん!
フツーじゃん!!

そう思う事なかれ。
次は分布図だ。




家を建てた人の半数は30代まで!




出典:https://realestate-sale.link/house-purchase-age/




この項目も「不動産売却の教科書」から引用している。
今度は、注文住宅を購入した人の
「年齢分布図」だ。

いちばん上の棒グラフが注文住宅の年齢分布図だが
前項で平均年齢こそ43~44歳だが
分布を見ると約半数が30代までに購入している事が分かる。
平均年齢が引き上がっているのは
50代・60代の購入パーセンテージが約30%もいるからだ。

参考値として見てほしいが
上から2番目の建売を購入した人の年齢分布。
何と6割の人間が30代までに購入している事になる。
やはり30代までに家を購入している層が
半分以上存在する、という事だな。




家を建てた年齢をTwitterでアンケートを取ってみた








Twitterでもアンケートを取ってみた。
134票という票数なのでそこそこの信憑性はありそうだ。
#家系ブログを盛り上げる会
のメンバー以外の投票もお願いした結果だ。

結果としては更に若年齢化しており
30代までに家を建てた分布は
なんと85%
にも登った(笑)

まあこれは、Twitterやブログをする年代を考えれば
妥当な結果とも言えるだろう。
ブログやTwitterやっている連中は
圧倒的に若いユーザーが多いだろうからな。
家ブロ界隈は若い人たちが多い印象だったが
それをものの見事に証明した結果だな。

ちなみに俺みたいに40代以降で家を建てると
家ブロ界隈では「長老」として崇め奉られるぞ(笑)




かような話から総合すすると
家づくりに最適な年齢は30代まで!
という結論にますますなりそうな勢いだな。。。

だがしかし!
そんな単純な話ではないから
家づくりと言うのは
おもしろくもあり、難しくもあるんだな。
ここからが俺の言いたいところだ。







若くして家を建てるメリット








とまあ、ここまでは怒涛の勢いで
「30代までに家を建て方が良いんじゃね?」
という流れが出来てしまっている訳だが(笑)

じゃあ、若くして家を建てると
どういうメリット・デメリットがあるのかを
見ていく事にしよう。




メリット(1):ローンの返済にゆとりが持てる




わかりきったことだが、65歳定年とした場合。
35年の住宅ローンを定年内に完済したければ
30歳までに借りる事が必要になる。
これが30代で家を建てる一番の理由だろうな。




メリット(2):賃貸の家賃をローンの返済に早くから充てられる




これはゆくゆく家を建てるつもりがあるヤツ限定になるがな。
もし家を建てるつもりがあるのなら
賃貸の家賃を住宅ローンに回した方が
お金を捨てなくて良い、という考え方も無くはない。




メリット(3):老後の資金にゆとり




若いうちに家を建て(買い)、ローンを完済すれば
その家にかかる費用は「メンテナンス代」のみ。
家賃(ローン)を払わなくてよい
という資金的なゆとりは非常に大きいだろう。




若くして家を建てるデメリット








メリットを見たら、次はデメリットも見らんとな。
という事で次はデメリットだ。




デメリット(1):借りれる資金が限られる可能性がある




若い場合、年収があまり高くない可能性がある。
ローンの融資額は年収で決まるので
若くて年収が低い場合は、限度額もそれなりになってしまう。
豪邸を建てたいから目いっぱい借りたい!
と思っても借りれない可能性があるな。




デメリット(2):近所に恵まれないと地獄




隣近所ガチャは別に家を買った年齢に関係なく発生する。
当たりかハズレかは運次第だ。
下調べでわかる範囲は、せいぜい
「町内会活動が活発か否か」
くらいだろう。


問題はこのガチャで
最悪な隣人を引き当ててしまった場合だな。
持ち家は、賃貸の時みたく気に入らなければ
簡単に引っ越しが出来ない。
若くして隣人ガチャに敗れると
末永くキツイお付き合いが待っている可能性がある。




デメリット(3):本当にその土地にずっと住むの?




若いだけに、会社人生もどうなるかわからんよな?
✅転勤があるかも(持ち家に住めなくなる)
✅会社辞めちゃうかも(会社がヤバい、自分が勤続する自信がなくなった)
✅子供の進学を考えるとその土地はよろしくないかも
若さゆえの色々な思いがこみ上げてくる事がある。
その時、持ち家を持ってしまっていると足かせになる可能性がある。




デメリット(4):子供に家を汚される




そんなバカな事考える人いるの?
と思う事なかれ。
自分の理想の家を建てたいとも思っている人の中には
こういう発想を持っている人がいるのも事実だ。
子供なんて汚すのが仕事みたいなものだと思うが
傷つけられたり、落書きされたり
勢いあまって破壊されたり(笑)

可愛さ余って憎さ100倍、ではないが
そう言うのが我慢できない人もいるようだ。




俺が思う「年取ってから家を建てるメリット」








あくまで個人的意見だが俺は43歳で家を建てた。
その平均並み?平均より遅い?年齢で建てた
この俺の独断と偏見に満ちた(笑)
「年取ってから家を建てるメリットを語ろう」




メリット(1):出資イベントがほぼ終わりお金の計算が出来る




俺が家を建てたタイミングは、長女と次女が就職。
三女は中一に上がるタイミングだった。
長女と次女は育ちあがり
三女の学資の目途もついたので
購入に踏み切った、というのもある。
いちおう35年ローンで組んでいるが
繰り上げ返済も視野に入れている。
。。。多分しないとは思うが。
繰り上げしないで俺がタヒんで
ローンがチャラになる事を期待したい(笑)




メリット(2):自分たちの事を意識した家づくり




若くして家づくりをすれば
子供の事を考えた(優先した)間取りや家づくりが行えるだろう。
それと同じ理屈で、年を取って家を建てるとなると
自分たちのセカンドライフ(老後)を意識した家づくりが出来る
というメリットがある。

よって自分の家はピットも小上りもない完全バリアフリー。
1階のリビングの横に和室を設けたのは
自分たちが足腰立たなくなったら
2階まで行かずに和室で寝泊まりできるようにしたかった
というのがあるな。


子供たちの事をあまり考えなくてよい
=自分たちの事を存分に考えて家を建てれる
というメリットもある。




結局、未来の事なんて誰もわからない








俺が自分で書いておいていうのも何だが
若くして家を作るデメリットで書いた内容。
お前ら、違和感を感じないか?

あの内容、ある意味当たってはいるし
警告めいた内容ではあるが。

しかし、こうも思えないか?




「そんな事気にしていたら家なんか買えねーよっ!」




正にその通りだ。
ミスリード、とまでは言わないにしても
所謂極論をぶつけて
非常に家を買う事を躊躇させる内容である。
ネットの飛ばし記事によくある手法だ。
お前ら、騙されるなよ。

ただ残念なのはある意味「事実」でもある事。
若くして家を建てたけど、そのデメリットに
苦しんでいる施主がいるのも現実だったりする。




しかし、自分たちの家族がそうなるのか
どうなのるのかは誰にもわからない。
神のみぞ知る領域の話だな。

そんなマイナスの可能性を危惧して
家を買わない選択肢をとるのも
どうなるかわからないから
とりあえず建てちゃえ!
と言って家を建てるのも
それはお前ら次第だ。




ただ、ひとつわかっているのは




「家は建てる決心をしないと建たない」




という当たり前のことだ(笑)
色々な想定に怯えていたら、一生建たない
これもまた事実だな。




二つの極端な例を出そう。




例えば2019年の秋あたりに
「家を建てるのは東京五輪後が良い!」
なんて言う記事を書いていたヤツが何人かいたな。
理由はここでは語らないが
五輪後に建てると、家が安く買えることを
力説していたヤツがいた事は記憶に新しい。

しかし、お前ら。
現在どうよ?
まさか2020年に東京五輪が開催されないなんて
誰が知ってたよ?

多分、そんな事を予測できてたヤツなんかいないだろ?
それどころか、東京五輪、本当に開催されるのか?
それすら怪しい空気になっているよな。
(※▲2021年3月20日現在の話)




また、例えば1年後に地球が滅びたとする。
その時ボロイ賃貸に囲まれて地球が滅びるのを待つか
ピカピカの新居に囲まれて地球が滅びるのを待つのか。
最後、地球が滅びる瞬間に

家を建てたお前ら「(家を建てた)我が生涯に一片の悔いなし!」

なのか

家を建てなかったお前ら「嗚呼~地球が滅びるぅ、家を建てなかったから後悔しかないよお~(T_T)」

と感じるかはお前ら次第、という事になるな。
(▲これが本当の極論からのミスリードだな(笑))




まあ、鬼畜の様な極論を出して語るのもなんだが
結局の所、未来の事なんて神さましかわからない訳だ。
色々な与件が複雑に絡み合い
なかなか決断に踏み切れないから
家を建てた方がイイのか、建てない方がイイのか
迷っているんだと思うが
未来の事なんてわかり様が無いから
ある意味、考えても無駄と言えば無駄な訳だ。




と、言う事で家を建てるベストなタイミングは。。。








と、言う事で再び登場だな(笑)
じゃあ、世論は「早いうちに建てておけ」
という声が圧倒的に多い中で
俺が異論を唱えてやろう。




ズバリ、家を建てるベストなタイミング、それは。。。




お前らが建てたいっ!
と思ったその時だ!!




残念ながら、どのタイミングで建てても
メリットとデメリットは存在する。

だから建てるタイミングに
ベストは存在しない!
常に良し悪しが付いて回るぞ。




更に言えば未来がどうなってるかなんて
俺もお前らも誰もわからんっ!
知ってたら苦労はしないわな。




だったら。。。
建てたい時に建てるのが1番だろ!
と言うのが俺の持論だ。

俺のように最初は建てるつもりは無かったけど
気が変わって40過ぎて家を建てるの
それはそれでアリだ。




但しっ!
1つだけ注意する事がある。
それは。。。








これだな。
これだけは気を付けろっ!
これを考えずに勢いだけで建てるのは
マジで止めておけっ!!

あ?お金の事はよくわからん
誰に相談したらいいか教えろコノヤローッ!
だとぉ。

良い質問だな。
じゃあブタがクマを紹介してやろう。
動物繋がりでな、仲良くさせてもらっている。
とよくま(@toyo_kuma)と言うヤツだ。




クリックするとTwitterのアカウントに飛ぶぞ




誰だ、動物アイコンは地雷しかない。。。
とか言っているヤツは。
コイツはたまーにキャラが変わるが
基本イイヤツだ、安心しろっ!


コイツは家の金関連はなかなか詳しい。
質問があれば聞くがイイ。
俺より、ほんの少しだけイイ事を言うからな。




と言う事で!
家を建てれば若い方がイイのか?
という問いに

否っ!そんな事は無いっ!
建てたいと思えば建てろ!
それが建て時っ!!
但し、金の事だけは気を付けろっ!!


と言う話を終わる。
建て時なんてのも存在しない。
「このタイミングに建てたら安くなる」
なんて言った者勝ちだ。
ネットの飛ばし記事なんぞあまり信用せず
建てれるときに建てておけ。
その方がきっと幸せになるっ!




        




以上っ!終わる。

お前ら!
あばよっ!!
いい家作れよっ!!!




あ、ちょっと俺に興味が出た、だとお。
ほほう、いい傾向だな。
他にもブログを書いているから、時間があるなら
予習がてらに読んでみるがイイ。
今日は気分がイイからリンクを貼ってやろう。
ほらよ。




糸冬




制作・著作
――――――――――――――――――
八郎エンタープライズ🐽

ABOUTこの記事をかいた人

40過ぎて無謀にもセキスイハイムで家を建てたダメリーマン。 2019年4月完成bjベーシック、総2階延床32坪。 嫁と3人娘(社会人・社会人・もうすぐ高校生)の家族構成で、 家庭内で人間としての権利を失って10数年になる。 理論や知識がまるでないので、笑いと勢いで家の記事を書く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。