広告を掲載

欠陥住宅裁判で
負けないための被害者の心得

欠陥住宅問題を被害者側で関わってきた弁護士が、被害者のためのノウハウを詳しく解説します。

  • facebook
  • twitter
  • gplus
  • hatena
  • LINE
髙木 秀治 このコラムの執筆者
髙木 秀治(タカギ シュウジ)
欠陥住宅全国ネットに所属。2014年に欠陥住宅関東ネットの事務局長に就任、同ネットで弁護士と建築士による定例相談会を毎月開催。2018年に第二東京弁護士会の住宅紛争審査会の紛争処理委員に就任。プラス法律事務所のパートナー。

コラム目次

第2回 「欠陥(瑕疵)」の考え方 前編New!

欠陥現象と欠陥原因 欠陥住宅裁判で被害者側が負けないためにはどうすれば良いか、それは「欠陥(瑕疵)」の主張立証 […]

第1回 「立証責任」から考える建築訴訟の仕組み

効果的な主張とは 相談者から、交渉や訴訟の場で「業者の嘘を暴きたい、不誠実さを示したい、対応の悪さを明らかにし […]