広告を掲載

マイホームに関するトラブルを
話合いで解決する仕組み「ADR」をご存知ですか?

低廉・迅速・柔軟な不動産トラブルの解決手法「ADR]についてご紹介します。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE
平柳 将人 このコラムの執筆者
平柳 将人(ヒラヤナギ マサト)
慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大手資格取得の専門予備校LEC<東京リーガルマインド>で講師として働きつつ、中央大学法科大学院を卒業。現在、(株)M&Kイノベイティブ・エデュケーション代表取締役のほか、(一社)日本不動産仲裁機構の専務理事兼ADRセンター長を務める。

コラム目次

第3回 離婚と住宅ローンに関するトラブル事例New!

せっかく購入したマイホームが足かせに… マイホームに関するトラブルとしては、離婚と住宅ローンに関するものも決し […]

第2回 マイホーム建築に関するトラブル事例①

施主と事業者、どちらもがトラブルの原因になり得る マイホーム建築は、不動産や建築など実に様々な分野が絡み合い、 […]

第1回 トラブルを話し合いで解決する「ADR」とは

圧倒的な知識格差から発生する様々な不動産トラブル マイホーム建築をはじめとした不動産取引は、法律・金融・保険・ […]