マイホーム計画の始め方①いつ何から始める?はじめの一歩は住まい方のイメージが大事

スポンサードリンク


マイホーム計画を始めたい!

でも、何から始めれば良いかわからない…

SNSで情報を集めようとしても、難しい言葉が多くてついていけないし…

そんな悩みありませんか?

偉そうにブログを書いてますが、我が家も初めは知識ゼロでした。

そんな我が家でも無事に満足できる家を建てられました。

今回は家づくりの一番最初に行う事の流れを整理してお伝えします。




今は情報があふれているから欲しい情報を選ぶのも一苦労




たしかに2年前と比べても全然違うね
ブログの質も量も段違い!




今回は『家づくり、何から始めるか?』というテーマなんですね?




またベタな情報ですね、それこそネットにあふれかえってますよー




共働き夫婦、というかコダテルで情報収集したいという方もいるはず!






予算・時期・家族構成

予算の決め方、頭金は必須?

家を建てるには数千万円ものお金が必要です。

キャッシュでポンと出せるような金額ではありませんね。

したがって99.99%の人は住宅ローンを組みます。




ローン…要は借金のことですね




早期に返済できれば、その分だけ金利は安くなり、住宅購入に必要な金額は下がります。

頭金でキャッシュをいくらか用意しておけば、借入額は下がり最終的に返済する額も下がります。

ただしお金には2種類あります。

使えるお金と動かすお金ですね(資産運用の話なので細かい話は割愛しますが…)

前者は日々の生活を行うために必要なお金、後者はお金を買うためのお金、つまり貯蓄と投資ですね。

なんとか頭金を出しても、この2つのお金が減ると大変です。

使えるお金が減れば節約生活を強行しなければならなくなったり、動かすお金が減れば日々の生活でいっぱいいっぱいになり投資もできないという事に…




頭金はローン返済を減らすのに重要
出し過ぎると、日々の生活に支障が出る…




住宅購入にかかる費用の相場は3,500万円前後が多く、その場合のひと月の返済額は7~9万となります(固定金利・変動金利などで差がでる)。

とはいえ、ライフプランの設計を始めてやるのは敷居が高いと感じますよね?

こちらのサイトは家系ブログを盛り上げる会のとよくまさんのサイトです。

100年の財布”というライフプランシミュレーションを公開しています。

「人生100年時代で先行きが見えずに不安!」と言う方は、まずお金の流れを目で見えるようにしてみてはいかがでしょうか。

〇覚えておいた方が良いお金に関するキーワード

  1. 住宅ローン控除
  2. 固定資産税
  3. メンテナンス費用

○お金に関する記事

 

 

 




マイホーム計画を始める時期の正解?

子育て世代はどんな時期に新居をつくる?

友人Aは小学校入学前までに、友人Bは結婚してから子供ができるまでに…

我が家は単身赴任だったため予定よりも2年ほど遅くなりました。

マイホーム計画を始める時期についての正解はありません。

ただし新居に住みたい時期から逆算して動き始めたいものですね。

参考までに家づくりを始めるタイミングやキッカケの一例を紹介しておきます。

〇子供を考えて

 ☑幼稚園・小学校など就学に合わせて

 ☑生まれる前に家づくりに集中したい

 ☑家族計画が終わってからにしたい

〇年齢を考えて

 ☑ローン返済の期間短縮をねらい20代

 ☑安定した返済をねらい30代

 ☑腰を落ち着かせて40代

誰と住むの?一番ナイーヴな家族構成

家族構成も大事な要素ですね。

家族構成と聞くと、夫婦と子供的な感じでイメージできると思います。

が、それだけではありませんよね?

親との同居問題と親の介護問題

よく話題になりますよね。

同じ家に住む・同じ敷地に住む・同じ地域に住む・同じ県に住む・離れて住む

これだけでも5つの可能性があります。

あとはアナタの義両親と住むのか、実の両親と住むのかも…ナイーヴな問題ですね。

子育てへの助力を考えるのであれば、やはり同じ地域を含めた親世代と近い場所でのマイホーム計画が必須です。

そうなると、土地の値段にもかなりの差がありますから予算に大きく影響するはず。

また、同居するのであれば親からの費用補助も期待できます。

誰と住むのか?はマイホーム計画当初から考えておく必要がありますね。

 誰と住む?離れて住む?

〇親世代との同居・別居

 ☑介護を考える

 ☑子育て補助を考える

 ☑一緒に住む事で得られるメリット

 ☑合わせてデメリットも考える




注文住宅?建売?賃貸併用?

注文住宅が良い理由

『家を建てる』と言ったら、まずイメージするのは注文住宅ではないでしょうか?

注文住宅に関しては、『何でも自分で考えたようにできること』がメリットでもありデメリットでもあります。

つまり、住みやすい家を手に入れられるかどうかは自己責任

ある程度の知識と勉強が必要となるわけです。

といっても最近はどの家も極端に性能の悪い家というのは無くて、逆に普通の家か高性能な家かという2極化が進んでいるのかなと思います。

高性能な家が欲しいという人は、高気密高断熱にこだわる工務店のドアを叩くことが多いように感じます。

 注文住宅のメリット
  1. 自由度が高い(建材・工法・間取り)
  2. 建築現場を見られる
  3. 予算調整できる
  4. 好きな場所に建てられる
 注文住宅のデメリット
  1. できるまでに時間がかかる
  2. 土地から探す手間がかかる
  3. 失敗・後悔も多い
  4.  

建売住宅という選択もある

個人的には注文住宅より圧倒的に失敗が少ない『家を建てる』方法だと思っています。

というのも、建築会社からすれば突飛な発想で作った家よりも万人受けしやすい家を作ります。

その方が大きく外すリスクが減るからです。

よくポスティングされる建売の間取りを見てみると分かりますが、『どこも同じようなつくりだなぁ』と思われるかもしれません。

それだけ土地の広さから間取りまで平均値に近いデザインを採用しています。

そうした点がメリットでもありデメリットでもあります。

『ありきたりだけど失敗しない家づくり』という考え方ならまさに建売は値段もリーズナブルで好条件な家づくりとなるはずです。

 建売のメリット
  1. 土地を探す手間を省ける
  2. 外れのない間取りの家になる
  3. 予算が見えやすい
  4. 即入居可能
 建売のデメリット
  1. 土地が気に入らない可能性がある
  2. 間取りの大きな変更はできない
  3. 建物~外構まで予算を自分で決める手間
  4. 打ち合わせから完成まで時間がかかる

賃貸併用でできること

個人的にはかなり難しい選択だと思っています。

その理由は設計の難しさ・空き室問題・賃貸管理・売却の難しさという4つのデメリット…

この中で施主が特に気にしなければいけないのは空き室問題ですね。

今回の記事では割愛しますが、なにしろコロナ禍で都市に集中していた人工が地方に分散されています。

地方のどこに人口は再配分されるのか、あるいはコロナが落ち着けばまた都市部に流入するのか?

先行きが見えない状況での不動産賃貸経営は素人にはツライものがあると思います。

とはいえ、将来的な2世帯を考えている家庭では空き室問題のリスクは減りますので、有用な選択なのではないかと考えます。

 賃貸併用住宅のメリット
  1. 不動産所得を得られる
  2. 住宅ローンで不動産運用できる
  3. 土地を有効活用できる
  4. 2世帯住宅として活用できる

賃貸併用住宅のデメリット

  1. 設計の難しさ
  2. 空き室問題
  3. 賃貸管理
  4. 売却の難しさ

 




暮らし方をイメージする

持ち家でしたい事

イメージといっても『こんな開放的な間取りにして、動線は洗濯物を~』というのは少し先の話です。

まずは戸建てでしたいこと、マンション・アパートではできないことを考えてみてください。

人によってはあまり具体的に思い浮かばないかもしれません。

具体的に言うと

☑週末は庭でBBQ

☑ガレージで趣味の時間

☑映画・ゲーム専用のシアタールーム

☑グランドピアノを気兼ねなく弾きたい

☑在宅ワークのための立地な自宅オフィス

こういったことはマンション・アパートではほぼ不可能だと思います。

 




持ち家は負債なのか?

『持ち家は負債』という言葉がありますが、こういった『持ち家でしかできない体験・経験を無視した』ポジショントークとして、一人歩きしてしまっている印象を持っています。

もちろん『家ではそんなことしない、映画は映画館に出かけるだけだ』という方もいますよね。

そういう方は持ち家に対して特別なあこがれもなくて当然ですし、『持ち家は負債』という考え方で資産運用していただく方が良いと思います。

逆に、明確なイメージを抱いて持ち家を持ちたいと思った方は、『持ち家は負債』という言葉に惑わされず家づくりを始める準備をしたら良いんです。




あなたがこれから買おうとしてるのは不動産資産だけでなく、家族と共有される体験や経験なのですから。




なんか深い話っぽくまとめましたね




つまるところ、建てたい人が建てたら良いじゃんって話です




まとめ




マイホーム計画を始めるタイミングと考え方についてザックリ解説しました。

予算・時期・家族構成の考え方についてはさらに詳しく解説しています。




ご自由にお役立てください




次回は『マイホーム計画の進め方:間取り・住宅性能・建築会社の選び方』について書きますよ!



ABOUTこの記事をかいた人

家事時間のない共働き・子育て世代・ズボラーです。いかに楽に住める家にできるかを考えてマイホーム計画を立てました。ブログ3サイト・インスタ・RoomClipなどで公開してます。コダテルでは知識をざっくりまとめた記事を中心に投稿してまいります。 家族構成:共働き夫婦、小2女児、年少女児、赤様、ルンバ 住宅スペック:2019年2月引き渡し、へーベルハウス、2階建て重量鉄骨

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。