セルフビルドで家を建てる!素人が材木店を探してみる。

スポンサードリンク


前回前々回と建築確認申請と間取り図について書きましたが、今回は材木店を探してみたいと思います。




材木店といってもどんなところに連絡を取ってみれば良いのやら。




調査




工務店




まずは近所の工務店でも探してみか、という事で前から気になっていた「おやじの隠れ家」というキットガレージを取り扱っている会社が近所にあったので、まずは電話してみる。




セルフビルドで家を建てたいと思っているのですが




そういうのはやっておりません




ですよね。




一級建築士事務所




よーし次にいってみよう!という事で「○○市 セルフビルド」でググってみると「建築家紹介センター」なるものにヒット。
そこに「一級建築士事務所」が載っていましたので取り敢えず、電話してみる。




セルフビルドで家を建てたいと思っているのですが




やっていますよ




セルフビルドだと住宅ローンなどは難しいでしょうか




できない事はないですが、難しいと思います




といった感じで、簡単なお話をさせて頂きました。ただ自宅から事務所までの距離があるので、一旦保留。
感覚的には一級建築士の方にお願いできる部分は依頼して、自分でやれるところだけやるのも良さそう。




材木店




一級建築士事務所さんのホームページを見ているとリンクページがあり、「北九州の木で家を建てる会」というものがある事を知り、ググってみる。
会員紹介に材木店さんもあるので、取り敢えず、電話してみる。




セルフビルドで家を建てたいと思っているのですが




そうですか、どちらに家を建てる予定ですか




○○市に土地があるので、そこに建てたいと思っています




一度事務所でお話を聞かせてください




という事で、事務所にお邪魔する事になりました。








事務所に到着!
写真に写っている3か所の木材が一軒分だそうです。




作ってきた間取り図をみせながら。




先日お話したセルフビルドですが、このような間取りで建てたいと思っています




これを建てる土地は




おおよそ7m×14mぐらいの縦長な土地です




どちらが北側ですか




向かって右側が北になると思います




玄関の高さは




海外みたいに高さ無しでも良いかなと思っています




基礎で1mm違えば上にいくほど差が大きくなるので
基礎はプロがやった方が良いですよ




そうですよね、全て自分でやるのは難しいですよね




この図面だと5.46mで土地の幅が7mだと足場が設置できないかもしれないですね




トイレは団地内の道路に別の所有者がいて、下水道工事の許可を出さないのですよ




それでは、トイレは汲み取りですか、それとも浄化槽ですか




汲み取りでない選択肢があるんですね




電気工事や水道などの設備はどうしますか




資格を取る予定はないので、水道工事と電気工事は専門家に任せようと思っています




細かいスケジュールや段取りを決めないと実行できないですよ




材木はプレカットで




プレカットの業者に加工してもらう為に図面が必要ですよ




このようなやり取りをしました。




実は土地の種類を調べたのが、このやり取りの後だったので、方角を聞いてきた意味が分かったのは、打合せの後でした。
立面図と配置図がないと高さ制限で道路傾斜や北側傾斜の確認ができないので、図面を作成する時に間取り図も調整が必要になりそう。




玄関の高さは、上がり框と言うんですね。これは一般的に10mmから300mmの高さなのですが、あまり高くなければ良いかな。




基礎工事については、結構食い下がって自分だけで出来なくても、一緒にはできないか聞いてみましたが、素人が手伝おうと思っても嫌がられるのではとの事で、どこまでセルフビルドでできるのか。。。




2階建てを想定しているので足場も資格が必要なんだ。知らなかった。




トイレは全然知識がなく、水洗がダメなら汲み取りしか選択肢がないと思っていたら、浄化槽という選択肢がある事を知った。




工事関係は資格が必要なので、知り合いの水道屋さんに聞いてみよう。




材木の加工は素人がやっても時間が掛かる上に精度も出ないので、プレカットでと思っていたが、図面も必要なんだ。




まあ次は6か月後ぐらいですかね




建築許可申請が通って、住宅ローンの目途がたったら、またご連絡します




やはりプロは違うな短い打合せでも、的確に指摘してもらえて、勉強になりました。
しっかり準備して作業に入れるよう頑張ろう!




という事で、今回はここまで。




次回も、またよろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

50手前のオッサンでIT一筋な私がセルフビルドで家を建てるまで、実体験を元に情報発信できればと思っています。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。