セルフビルドで家を建てる!土地の種類を素人が調べてみる。

スポンサードリンク


さあ早速ですが、セルフビルドに必要な作業に入りたいと思います。




前回書かせて頂きましたが、親から相続した土地に建てたいと思っていますので、市役所に行って調べてみました。




市役所にて、




土地の種類を確認したいんですけど




それでしたら都市計画課になります




という事で、都市計画課に。




土地の種類を確認したいんですけど




住所はどこにですか




○○です。




この辺りですかね








という事で、今回家を建てる予定の土地が上記のようなスタンプの場所になります。




スタンプの上の数字が容積率、真ん中が用途地域、下の数字が建ぺい率になります。




容積率




各階の床面積の合計 ÷ 敷地面積 × 100




今回の場合、敷地面積が113.09㎡です。容積率が200%なので、各階の床面積の合計は最大226.18㎡までの家が建てられるという事になりますね。




建ぺい率




建築面積 ÷ 敷地面積 × 100




水平投影面積といって、建物を上から見たときの面積ですが、敷地面積が113.09㎡で、建ぺい率が60%なので、建築面積が最大67.854㎡まで建てられます。




用途地域




用途地域は13種類 



住居系
第一種低層住居専用地域 低層住宅のための地域。
第二種低層住居専用地域 低層住宅のための地域。150㎡までの店舗が建築可能。
第一種中高層住居専用地域 中高層住宅のための地域。500㎡までの店舗が建築可能。
第二種中高層住居専用地域 中高層住宅のための地域。1500㎡までの店舗や事務所等が建築可能。
第一種住居地域 住居の環境を守るための地域。
第二種住居地域 住居の環境を守るための地域。10000㎡までの店舗や事務所、ホテル等。
準住居地域 道路の沿道において、自動車関連施設などと、住居が調和した環境を守るための地域。
田園住居地域 田園風景などど、調和した低層住宅の良好な住環境を守るための地域。
商業系
近隣商業地域 近隣の住民が日用品の買物などをするための地域。
商業地域 ほとんどの商業施設、住宅や小規模の工場も建築可能。
工業系
準工業地域 主に軽工業の工場、危険性や環境悪化のおそれが大きい工場以外が建築可能。
工業地域 どんな工場でも建築可能。
工業専用地域 工場のための地域。住宅は建築できない。


今回は、第一種中高層住居専用地域ですので、家を建てるのに問題はないです。




高さ制限




次に高さ制限です。



用途地域 高さ制限(m) 外壁の後退距離(m) 道路傾斜 隣地傾斜 北側傾斜
距離(m) 勾配 高さ(m) 勾配 高さ(m) 勾配
住居系
第一種低層住居専用地域 10 1 20 1.25     5 1.25
第二種低層住居専用地域 10   20 1.25     5 1.25
第一種中高層住居専用地域     20 1.25 20 1.25 10 1.25
第二種中高層住居専用地域     20 1.25 20 1.25 10 1.25
第一種住居地域     20 1.25 20 1.25    
第二種住居地域     20 1.25 20 1.25    
準住居地域     20 1.25 20 1.25    
田園住居地域     20 1.25     5 1.25
商業系
近隣商業地域     20 1.5 31 2.5    
商業地域     20 1.5 31 2.5    
工業系
準工業地域     20 1.5 31 2.5    
工業地域     20 1.5 31 2.5    
工業専用地域     20 1.5 31 2.5    


今回は第一種中高層住居専用地域ですので、道路傾斜隣地傾斜北側傾斜が関係しています。




道路傾斜




2階建ての高さが6m位だとすると反対側の道路の境界線から5m、3階建ての高さが9m位とすると反対側の道路の境界線から8m離れた場所に建てれば良いのかな。




土地が縦長なので、奥に建てれば問題なさそう。




隣地傾斜




これに関しては、家の高さが20mを超える事はないと思うので、問題なし!




北側傾斜




こちらは10mの高さから関係してくるので、2階建てだと気にしなくて良さそうだけど、3階建てなら屋根の向きも考える必要がありそう。




という事で、今回はここまで。




次回もまたよろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

50手前のオッサンでIT一筋な私がセルフビルドで家を建てるまで、実体験を元に情報発信できればと思っています。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。