コダテル公式ブロガー:ズブロッカ大佐とは

スポンサードリンク

初めまして。ズブロッカ大佐です。
2020年に神奈川県川崎市でヘーベルハウスの重量鉄骨FREX AXiiiを建てたズブロッカ大佐です。
ミクル株式会社さんよりお声がけを戴きまして、このコダテルの公式ブロガーとして注文住宅の家造りをしようとしている方々に向けて、実際に家造りをした経験談を中心に、施主にとって満足度の高い家にするために必要な諸々の情報を提供していけたらなと思っております。

筆者について

筆者略歴

ざっくりとした私の経歴を列挙します。冗談みたいですが本当の経歴です。
  • 1980年代前半生まれの男性で北海道出身
  • 意匠系の建築学科を卒業(担当教授は建築環境工学と建築史専門)
  • 在学中は店舗系のインテリア設計事務所や、アトリエ系設計事務所でのアルバイトを経験
  • 建築系の仕事には進まず、ノンバンク金融に就職(ここで貸金についての実務と経験値を得る)
  • グレーゾーン金利撤廃で会社が傾いたため公務員に転職
  • 転職先が何故か陸上自衛隊(海上自衛隊から熱いオファーを戴くが、船酔いするので断念)
  • 普通にサラリーマンでお気楽に生きていきたくなり、数年後除隊して民間IT企業へ転職
  • ベンチャーや外資、国内中堅や大手など色々渡り歩いて現在もIT企業で中間管理職
 

建てた家の概要

ハウスメーカー:旭化成ホームズヘーベルハウス
建築場所:神奈川県川崎市の元住吉エリア
家族構成:夫婦二人のDinks
家のスペック:重量鉄骨3階建、31坪、2LDK+ビルトインガレージ
総面積:102.00平方メートル
構造:へーベル鉄骨ラーメン構造
敷地面積:73.92平方メートル
商品名:FREX Axiii

 

筆者のパーソナリティ

男性?女性?

アイコン画像はぱっと見女性ですが、中身は男です。友人のプロのメイクさんが(2時間かけて)本気でメイクをしてカツラを被ったらこんな風になりました。画像加工無しです!

女装が趣味という訳ではないですが、この経験からお化粧って本当に変われる!ということを身をもって体感しました。楽しかった。

 

なぜ大佐?

自衛官を退官後に知り合った友人と、過去に自衛官だったお話をすると大体、徒名は軍曹か大佐(この二つの階級名が一般人には馴染み深いんですかね?)になるのですが、私の場合は態度がでかいので軍曹というより大佐と言われることが多かったので、リアルな徒名が大佐なのです(笑)
なお、ズブロッカはポーランドの桜餅の様な香りのするウォッカなのですが、私がこのウォッカが好きでよく行くバーでいつも飲んでいたら、女性バーテンダーさんから「ズブロッカの大佐」とからかわれたので、それをそのままハンドルネームにしています。

 

建築学科を出たのになぜ建築の仕事をしていないの?

私は所謂ロスジェネ世代でして、本当ならばゼネコン系の会社に就職してサラリーマンをやるつもりだったのですが、残念ながらお祈りばかりでした。
教授からアトリエ系の設計事務所などの斡旋は受けたのですが、給料が安すぎて生活するには厳しかったのでそっち方面には進まなかったという次第です。
建築学科を出た意味ないじゃんとよく言われますが、私自身それは痛感していたのですが、建築学科で学んだことが自分自身の家造りにとても役に立ったので、この歳になってやっと自分の学歴を活かせたなぁと思っています(笑)

 

どんな家を建てたの?

このコダテルの公式ブロガーのオファーを戴いたきっかけが、私が注文住宅を建てるにあたって始めた記録ブログが、ミクルさんの担当者の目に留まったところから始まります。


詳しくは私のブログでも扱っていますが、このコダテルでも時折自分の建てた家を実例の一つとして度々登場させるつもりです。
まあ、一言でいえば…趣味と実用性を詰め込んだ身体は大人、心は少年の大きな子供部屋を作ったといったところでしょうか。

 

 

コダテルでどんなことを発信していくのか?

このコダテルというサイトの目的は、『住宅購入経験者の情報を参考にして、住宅購入検討者が納得のいく住宅購入を実現する仕組みを作ること』です。
注文住宅を建てようかな?と思っている人は、一体何から手を付けてよいのかわからないと思いますし、実際に注文住宅検討をスタートすると沢山の選択肢から決定をする必要があります。
私は、家造りは自分自身がプロジェクトマネージャーとなるプロジェクトであると考えています。クライアントはその家に住む自分自身の家族です。
そんなプロジェクトをどうやって成功に導くのか?そのヒントとなるようなことを発信して行けたらよいなと思います。

このコダテルの中での質問コーナーの他に、Twitterや匿名質問箱も運用しているので、何か質問があればTwitterや匿名質問箱で気軽に相談してください。

これからこのコダテルでも何卒よろしくお願いいたします。



 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2020年に神奈川県川崎市で、共働きDinks夫婦でヘーベルハウス(FREX AXiii)で家を建てたヘーベリアンです。 建築学科卒業という経歴と、ノンバンクとはいえ貸金業界に居た経験から、(ヘーベルハウスに限らず)注文住宅建築を検討されている方々に、施主目線での資金計画から建築会社選び、施工行程等を知識と経験をベースにお伝えできればなと思っております。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。