珪藻土のメリット、デメリット

スポンサードリンク

こんにちはアキです。

 

家づくりにおいて部屋の内装はどうしようかとクロスをどうしようかと悩むことがあると思います。一般的にはクロスを選択する人が多いとは思いますが、漆喰や珪藻土という選択肢もあります。

 

我が家は全室珪藻土仕様の家になります。本日は珪藻土の使用感をメリット、デメリットえお交えて記事に書いていきたいと思います。

 

珪藻土のメリット

 

雰囲気がある

 

珪藻土って雰囲気が一番の利点だと思います。我が家は扇形の塗り方をしていて非常に見栄えが良いです。

f:id:akiieblog:20191031160832j:plain
 

左官屋さんに丁寧かつ綺麗に珪藻土を塗って頂きました。ふとした瞬間にこの模様を見ると癒されます。夕日に映える珪藻土ってものすごく綺麗なんです。

 

多少の水は吸ってくれる

ちょっと水が壁に跳ねても多少は吸ってくれます。恐らく調湿効果はあるのだと思います。どの程度効果が見込めるのかはわかりませんがあながち嘘ではなかったのかなと思います。梅雨になると除湿器必須ですが。過剰に期待しすぎはNGです。

 

クロスに悩まなくていい(笑)

SNSを見ているとクロスのメーカー、色合いなどで頭を悩ませている方が非常に多いなと見ています。珪藻土だと色は白っぽい色が統一されますし、天井、水場以外は全て珪藻土なのでクロス選びはあまり時間が掛かりませんでした。クロス選びに時間を掛けたくない人は珪藻土や漆喰など塗る壁も一つ案に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

デメリット

汚れが目立つ

小さい子供がいるので食べ物を触った手で壁を触るや泥など汚れた手で触るが日常茶飯事です。そうなると汚れが染みついてしまい、拭けば取れるということではないので厄介です。この前父がコーヒーを壁にぶちまけてしまいアフターを呼んで1時間作業してもらい完全に汚れが取れたわけではありませんが、多少汚れを誤魔化せた仕様になりました。

汚れても大丈夫くらいの心の強さを持った方が精神衛生上いいかもしれません。

 

傷がつきやすい

塗り壁なのでちょっと擦っただけで傷になります。傷になったところはポロポロと珪藻土が落ちて床が粉だらけになります。初日に二階に机を運んでいたらガスっと壁にひっかいてしまい傷つけてしまったのはショックでした(1か月点検で直してもらえました)

 

割れやすい

クロスでも起こることですが、乾燥すると伸縮してしまいヒビが割れます。冬場は乾燥しやすいので特にヒビは目立ちます。

 

最後に

珪藻土のメリットデメリットを実際暮らしてみての使用感とともにご紹介させていただきました。この記事を書いていて思いましたが、メリットよりデメリットの方が目立ってる(笑)

しかし、デメリットを大きく上回るのが珪藻土の雰囲気でもあるんです。雰囲気だけでデメリットを覆らせるポテンシャルはあるなと感じています。

検討をしている方、参考になれば幸いです。

 

今回は以上になります。ではまた。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東北在住31歳。高気密高断熱を手掛ける地場のハウスメーカーで二世帯住宅を建てました。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。