家を建ててよかった!3選!

スポンサードリンク

こんにちはアキです。

家を建てて1年半…。ずっとこんなことを思って過ごすしています。

 

あーーー!!!家を建てて良かった!!!!

 

これに尽きます(笑)

 

今日のブログは家を建てて良かった3選をご紹介していきたいと思います。

 

 

・家が暖かい

 

家を建て替える前は築30年以上の家に住んでいました。度重なる地震や経年劣化によって窓が閉まらないやドアが歪んだりで外や廊下の冷気が部屋に入ってきて寒いという生活を送ってきました。東北地方在住なので冬になれば終日零下は当たり前。部屋も暖房を付けなければマイナス〇℃という日もあるくらい。家の中が外みたいなものですね。

その環境が建て替えた瞬間に一変!エアコン1台付ければちゃんと暖かい(ここ重要)。感動しました。僕の家のコンセプトは「暖かい家に住んで家族が笑顔になること」なので断熱気密にこだわった家づくりを体現出来て満足です。

 

・光熱費が安くなった

 

家が無暖房状態だとマイナス〇℃になる建て替え前の家では月の光熱費は約7万円位掛かってました。

建て替え前 月光熱費内訳

電気代 2万円台

ガス代 3~4万円台

灯油 1万円

 

かなりお金が掛かってました。エアコン、ガスストーブ、ファンヒーターなど。これだけ暖房設備を付けても寒かったんですけどね。隙間風が入る家では家の中をどんなに暖かくしても熱は逃げていくので湯水のごとく光熱費を消費していました。

 

では建て替え後の光熱費の内訳をみていきましょう。

建て変え後 光熱費内訳

電気代 約3万4000円(1500KW使用)

 

建て替え後はオール電化で光熱費は1本化。1階は全室輻射熱式冷暖房設備、2階はエアコン2台(リビング、寝室)を使用しています。この電気代は今年一番高かった電気代の料金です。エアコンは冬の期間24時間付けっ放し(2階の寝室は時々付ける程度)。我慢など特にせず暮らしていましたが、建て替え間に比べ、光熱費は半分まで下がりました。ちゃんと断熱気密がしっかりされているだけでこんなに変わるのかとわかりやすい変化にびっくりしました。

*僕の家は2世帯住宅で玄関以外は全て分けられ住設備が2倍です。尚且つ建坪50坪、電気も60A以上の契約をしているので基本料金は4180円と単世帯住宅と条件は違いますので参考までに。

 

・世帯を分けた

建て替え前は妻が嫁ぐ形で狭い家に僕の両親と一緒に住み、両親との喧嘩も絶えず揉めたこともありましたが、玄関のみ共有の上下二世帯住宅にして適切な距離感ができ、親世帯、子世帯の関係も良好になりました。家族が幸せに笑顔になれる家っていいですよね。

 

最後に

家を建てて良かった3選を見て頂きありがとうございます!

ブログを振り返ってみれば自分が家を建て替えたいと思っていた動機の部分が満足度に直結すると思います。最初の動機って大事です。今住まいで問題を抱えていること、不満に思っていることを家族で話し合い、洗い出し、明確にすることで方向性が見え、施工業者選びもトントンと決まっていきました。家づくりについて悩むこともありましたが、最初の動機を思い出すことでどんな家を建てたかったかを振り返り、家族が幸せな空間を作れたと思います。

きっかけや動機はとても大切です。どんな家にしたいか、どのように暮らしていくか。家づくりは十人十色です。人それぞれ自分に合った家を作って建てて良かったと思える家づくりをしましょう。

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

東北在住31歳。高気密高断熱を手掛ける地場のハウスメーカーで二世帯住宅を建てました。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。