ハウスメーカーの見積は本当にどんぶり勘定なのか?~その②

スポンサードリンク

前回の記事はこちら。


ハウスメーカーの見積粒度について、実際に建てた人達から提供された見積書を集めて、本当にどんぶり勘定なのかをこれからの施主の皆さんに判断してもらう。
今回の記事の目的は以上ですが、大手10社でもまだ一部情報がないので引き続き情報待ってます。

 

さて、今回は大手10社以外のメーカーの情報をお届けします。

スウェーデンハウス


スウェーデンハウスは株式会社トーモクを起源とする日本のハウスメーカーで、北海道は当別町の1984年に今のスウェーデンヒルズという大規模都市開発で、北欧のスウェーデンの家造りを参考に北海道の厳しい気候に耐えるプレハブ住宅会社としてスタートしました。
2015年~2021年 オリコン顧客満足度調査 ハウスメーカー 注文住宅 第1位という結果が物語る非常に人気のあるハウスメーカーです。

余談ですが私の親もスウェーデンヒルズにスウェーデンハウスを建てようと一時期検討したことがありました。

 

スウェーデンハウスの見積

では早速スウェーデンハウスの見積もりを見ていきましょう。今回提供してくれたのは北海道で2020年にスウェーデンハウスを建てた施主であるエゾムースさんです。


まずは見積もり頭紙として全体の概要としての内訳が記載されています。

ここでの内訳に対する明細が一つ一つ記載されているスタイルのようですね。

スウェーデンハウスは木造軸組みに2×4パネルの壁を据え付けるモノボックス構造がその特徴ですが、上記の通りの工事費用内訳で計上されているようです。
また、スウェーデンハウスの特徴の一つであるトリプルガラス木製サッシの窓についても価格が明記されていますね。

情報提供いただいたエゾムースさんの引用元の記事は以下になります。もっと詳しく見てみたい方は是非参照してみてください。

オープンハウスアーキテクト


オープンハウスは首都圏を中心に勢力を増しているパワービルダーです。CMでもお馴染みですね。
首都圏で家を建てるをコンセプトに駅近の土地を買い上げ、そこに狭小住宅を建てて建売販売をすることで、購入価格を抑えつつも立地の良い場所に戸建てを持てるというコンセプトが受けて大躍進しているビルダーさんです。
このオープンハウスですが、建売部門とは別に注文住宅部門のオープンハウスアーキテクトという会社があり、比較的ローコストで注文住宅を建てることができます。

今回、masamizuさんがこのオープンハウスアーキテクトの注文住宅の見積情報を提供してくれたので早速紹介していきます。

オープンハウスアーキテクトの見積

オープンハウスアーキテクトの見積もりは非常に単純明快なものになっています。


坪単価として価格が明確化されており、それに対する延べ床面積で算出。
この基本坪単価はグレードによって上下するようですが、masamizuさんのご自宅はこんな価格だったようです。

ここにプラスして、各種工事費(ガスや水道引き込み等)やオプション費用が加算されていきます。
具体的な内容についてはこちらでは引用を避けます(明細レベルで金額書いてあるので)。

詳細を見たい人は是非、masamizuさんのブログを参照してみてください。


 

アイ工務店


アイ工務店は大阪のハウスメーカーで、関西、中国、九州、関東、北関東が施工エリアとなっている最近着工数が伸びている中堅ハウスメーカーです。

アイ工務店の見積

今回このアイ工務店の見積もりを提供してくれたのは、このコダテルブロガーの一人でもあるクロセさんです。

大体どこのメーカーも概要として大まかな金額の内訳を提示してくれます。


この辺は大体どこのそこまで粒度に差は無いですね。
ここから先の各種工事内訳は、実際にクロセさんのブログを見てみてください(画像がダウンロードできなかったので貼れなかっただけなんですけどね笑)


 

レオハウス


レオハウスは現在はヤマダ電機のヤマダホールディングス傘下の、ヤマダホームズのグループ企業となっていますってややこしいわ!
要はヤマダホームズに買収されてレオハウスブランドとして残っているってことですね。

 

レオハウスの見積

今回レオハウスの見積もりを公開してくれるのは、またまたこのコダテルブロガーの一人であるChelseaさんです。
この企画のために書いた記事という訳ではなく、過去に掛かれていた記事で金額までばっちり記載されているので、直接こちらで掲載は控えておくことにします。

というわけで、レオハウスの見積粒度が気になる人は、以下のブログを読んでみてくださいね。

次回のハウスメーカーは?

取り急ぎ、今まで情報を提供してくれた施主さんの記事は一通り紹介してきました。
これから家を建てようと思っている方の一つの疑問への回答になったでしょうか?

まだまだ有名メーカーでも情報がないものはそのうち追記していきたいと思います。

取り急ぎ、今後控えているのは一条工務店です。

ただ、情報が集まらなければこの特集は無期延期なので、しれっと違うテーマの記事を書くかもしれませんが、その際には察していただければと存じます…

 

ABOUTこの記事をかいた人

2020年に神奈川県川崎市で、共働きDinks夫婦でヘーベルハウス(FREX AXiii)で家を建てたヘーベリアンです。 建築学科卒業という経歴と、ノンバンクとはいえ貸金業界に居た経験から、(ヘーベルハウスに限らず)注文住宅建築を検討されている方々に、施主目線での資金計画から建築会社選び、施工行程等を知識と経験をベースにお伝えできればなと思っております。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。