ハウスメーカーの見積は本当にどんぶり勘定なのか?~その①

スポンサードリンク

先日、住友林業の見積明細が不明瞭であるという記事が巷をにぎわせました。


この記事を読んで、自分が検討しているハウスメーカーは大丈夫なんだろうか?という疑問を抱いた方も多いかもしれません。
また、大手ハウスメーカーはどんぶり勘定なのか?という懸念を抱かれた方も多いかもしれません。

マスコミというのはセンセーショナルな表現を使い、自分たちの価値観を普遍的な価値観である様に、さも中立の目線であるかのように演出して情報を伝えるのは常套手段です。
たまたま、家造りをした施主たちのつながりというコミュニティに関わらせていただいているので、それら施主たちが実際に家を建てた際の見積もりを実際に比較検証し、本当のところはどうなのか?というところを伝えるのも、このコダテルの役割なんだろうなという勝手な解釈で今回はこのあたりのお話を書いていきたいと思います。

という訳で、実際に様々なハウスメーカーで家を建てた施主から実際に提示された見積書はどの程度の粒度だったのか?という情報を募集し集めてみました。
これから家を建てようと検討している方は是非とも参考にしていただきたいと思います。
また、上記の報道と現実に家を建てている施主のリアルな情報を見て、どちらを信じるのか、また参考にするのかは読者であるあなたが判断することです。今回は解釈は抜きに集めた情報を提供する形を取らせていただきます。

なお、いっぺんに全部紹介すると長大記事となるので、何回かに分けての紹介となります。

大手10社

まずは大手10社の見積書の内容を見ていきたいと思います。
大手10社とはどこを指すのか?











以上10社が大手10社と呼ばれています。
一つ一つ見ていきましょう

積水ハウス

積水ハウスは鉄骨住宅と木造住宅を提供する日本の住宅メーカーとしては販売戸数でトップの企業です。
その業界最大手ともいえる積水ハウスの見積はどの程度の粒度なのか?

実際に積水ハウスで家を建てた(建てている)施主の見積書を実際にご紹介します。

積水ハウスの見積(シャーウッド)

今回情報提供いただいたのは、2021年4月現在新築中のゆりさんです。
ゆりさんは積水ハウスでも木造のシャーウッドシリーズから『グラヴィス・ベルサ』というシリーズで新築中となります。

積水ハウスの見積もりはまずおおまかな内訳がこのように提示されます。


工事費内訳として、躯体・外部・内部・設備・付帯工事・設計と大きく分かれており、それぞれの内訳が一式として記載があり、大まかにこの部分にいくらかかっているか?というのが解るのが特徴ですね。

更にこの先には、上記の大まかな工事費の内訳が更に細かく記載されています。


積水ハウスさんの詳細内訳の特色として、ドアやサッシなどの完成された製品は設置個数で見積もられています。
また、ポーチテラスなどについては実際に施工する面積単位での見積もりとなります。
一方、下地工事などの数字で表現しにくい部分については一式表記となっているようです。

詳細な情報は以下のゆりさんのブログを参考にしていただければと思います。
ゆりさん、ご提供ありがとうございます。


なお、積水ハウスでは鉄骨住宅の見積に関する情報も募集中です。
新たに提供いただける方が現れましたら、随時追記していきます。

 

ダイワハウス

ダイワハウスは住宅メーカーの売り上げナンバーワン企業です。着工数については2020年で4位というランキングとなっています。

ダイワハウスさんについては現時点で情報提供がなく、提供があり次第公開させていただきます。

 

ミサワホーム

ミサワホームは住宅メーカーの売り上げナンバーワン企業です。着工数については2020年で6位というランキングとなっています。

ミサワホームさんについては現時点で情報提供がなく、提供があり次第公開させていただきます。

 

住友林業

住友林業の家は住宅メーカー売り上げランキング4位、着工数5位のメーカーです。
林業というだけあり、木造住宅のパイオニアの一つとされる住宅メーカーとなっています。

そして、今回の話題の中心となっているハウスメーカーでもあります。

正直5億円の豪邸では想像もつかない世界ですので、一般的なサイズ感の住友林業の家の見積もりについて情報提供を戴いたので、早速紹介していきましょう。

 

住友林業の見積

まず、最初に紹介した記事に載っている見積です。


これしか見積もりが出ていないということですが、今回実際に2020年に家を建てた2名の住友林業施主さんから情報提供をいただきましたので、比較していきましょう。

今回情報提供いただいたのはじゃいくん氏とかなぴさんです。

まずはじゃいくん氏が公開されている実際の見積書の画像を提示します。
詳しくはじゃいくん氏のブログも読んでみてください。


 

 


まず、資金計画書という上記の書式で見積もりが出されるらしいのですが、例の記事より内訳がきちんと記載されています。

そして見積書として以下の書式が出る様です。


こちらに関しては例の記事のモノと同一の書式ですね。
実はこの見積書の頭紙の内訳は、最初の資金計画書に記載があることがわかります。

また、見積根拠となっている仕様書というのもきちんと提示されているようです。



金額の内訳こそ書いていませんが、見積根拠となる仕様内訳明細自体はきちんと提示されているということです。

また、提案工事(住友林業ではオプション工事をこのように呼称)は金額入りの明細がきちんと提示されるそうです。


積水ハウスの見積明細と比べると粒度は荒いのですが、話題となった記事で書かれている内容とこの現実に提示されている明細を比較したときに、読者の皆さんはどう判断されるでしょうか?

もう一方、ご協力いただいたかなぴさんですが、本体工事の見積りの内訳を貰ったそうです。
画像公開されているわけではないので、その内容についてはかなぴさんの記事を参照してみてください。


5億円の豪邸の件は担当者がイマイチだったのか、会社の方針なのかというと、実際に明細を貰っている施主もいるので会社の方針という訳でもなさそうですね。
更に細かい明細が発掘されたら続報として追記します。



2021年4月20日、早速新情報がありました。
もっと詳細な明細が貰えたという住友林業施主の証言が…
詳しくは以下のブログを参照ください。


住友林業もちゃんと明細は出してくれるケースもあることが一つわかりました。

 

セキスイハイム

セキスイハイムは積水ハウスと同じ積水化学工業が母体の会社ですが、積水ハウスが積水化学工業から完全に分離しているのと違い、ハイムの方は積水化学工業の子会社となります。
着工数については2020年で2位というランキングとなっています。

セキスイハイムさんについては現時点で情報提供がなく、提供があり次第公開させていただきます。

 

パナソニックホームズ

パナソニックホームは家電のPanasonicを母体とする住宅会社で、着工数については7位にランキングしています。

パナソニックホームズの見積

パナソニックホームズの明細情報を提供してくれたのはあんぱんママさんです。


まずは見積内訳として躯体、外部、内部、設備と他の会社同様に大まかな内訳が記載されています。


躯体工事の内訳ですが、仮設工事、基礎工事、躯体工事で各一式として金額が計上されておりこれ以上細かいものは無いようです。
これはどの会社も同じような表記なので標準的なもののようです。


これは外部建具の明細ですが、一つ一つの品名と数と金額が計上されているので、一か所いくらするのかが明確にわかるようになっています。


こちらは室内の内部工事費用です。各部屋毎にコンセントの数からクロス、照明、巾木等の数が拾われて計上されています。


内部建具も同様にひとつずつ拾われており、建具一枚いくらするのかがわかるようになっています。


こちらは設備工事の内訳ですが、キッチンユニット等設備ごとにいくらするのかがきちんと拾われています。
設備をダウングレードしたらいくら下がるのかが見やすくなっています。

パナソニックホームズの見積内訳を簡単に紹介しましたが、これくらいの粒度で見積もりの内訳は提示されるようです。
くわしくはあんぱんママさんの記事も参考に読んでみてください。


 

 

 

三井ホーム

三井ホームは棟数ランキングで9位の日本での2×4系住宅のパイオニアとも呼ばれる住宅会社です。

 

三井ホームの見積

三井ホームの明細を提供してくれたのは、元住友林業社員のTFamilyさんです。
肩書が謎ですが、三井ホームの施主さんです。

早速明細を見ていきましょう。


三井ホームでもまずは資金計画書という全体でかかる費用の概要を作成してくれるようです。ここではざっくりとした内訳とその金額が明示されています。


まずは見積書の頭紙ですね。こちらにはざっくりとした内訳と合計金額が記載されています。ここまでは普通です。


ここから詳細な内訳となるのですが、注目すべきところは基礎工事の部分にも具体的なサイズと大きさまで明記されています。このパターンは初めて見ました。


外装工事の内訳については流石に一式として部材と費用が書かれている形ですね。


内装工事は、クロスの面積やフローリングの面積まで落とし込まれています。これはなかなか精度の高い見積ではないでしょうか。


設備系については一つ一つ落とし込んで価格が表示されています。

以上、三井ホームの見積でしたが、ここまで紹介した他社との大きな違いは施工面積が出せるものはそこまで見積もりに落とし込んでいる点ですね。
詳しくは情報提供いただいたTFamilyさんの記事も読んでみてください。


 

 

トヨタホーム

トヨタホームはあのトヨタ自動車系列の住宅会社です。
着工数については2020年で8位というランキングとなっています。

トヨタホームさんについては現時点で情報提供がなく、提供があり次第公開させていただきます。

 

旭化成ホームズ

旭化成ホームズはヘーベルハウスとして知られる旭化成グループの住宅会社です。
着工数については2020年で3位となっています。

 

旭化成ホームズの見積

旭化成ホームズ、ヘーベルハウスの見積明細はヘーベルハウスオーナーの私が提供します。2020年時点の明細ですので最新の書式と言っても差し支えないでしょう。


ヘーベルハウスの場合も他社同様に、まずは大まかな内訳と金額を明示します。


躯体工事や外部工事については、仮設工事、基礎工事、躯体工事などと分かれてそれぞの費用が一式として表記されています。

建具については他のメーカー同様にドアや窓サッシ一か所ずつ落とし込んで価格を表記しています。


内部工事についても各部屋毎に設備や建具、クロスなどを拾って内訳を記載しています。


ヘーベルハウスの場合、予め内装などに標準ラインナップがあり(Hセレクション等と分かれている)、その標準ラインナップはどういう構成なのかを一覧表にしています。
ここから外れるとオプションということになり金額の増減が発生するのが解るようになっています。

詳しくは本件について記載した以下の記事もご覧ください。


 

ヤマダエスバイエルホーム

ヤマダエスバイエルホームはヤマダ電機グループの住宅会社でいくつかの会社を吸収合併しています。着工数については2020年で7位というランキングとなっています。

ヤマダエスバイエルホームさんについては現時点で情報提供がなく、提供があり次第公開させていただきます。

 

今回のまとめ

まずは大手10社の見積明細比較ということで、現時点で集まった施主さんからの情報をまとめてみました。
一部まだ情報が集まっていない会社については、集まり次第追記していきます。

ここまで見てみて、実際どのような感想を抱いたでしょうか?
各社差はあれど、実はちゃんと明細を作って金額根拠を示しているということが分かったと思います。

大手10社以外にもいくつかの住宅会社の見積もりもいただけているので、次回以降順次紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

2020年に神奈川県川崎市で、共働きDinks夫婦でヘーベルハウス(FREX AXiii)で家を建てたヘーベリアンです。 建築学科卒業という経歴と、ノンバンクとはいえ貸金業界に居た経験から、(ヘーベルハウスに限らず)注文住宅建築を検討されている方々に、施主目線での資金計画から建築会社選び、施工行程等を知識と経験をベースにお伝えできればなと思っております。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。