住宅設備・建材・工法掲示板「ハイスピード(砕石パイル工法)」についてご紹介しています。
  1. 注文住宅・一戸建て掲示板 e戸建て
  2. 住宅設備・建材・工法掲示板
  3. ハイスピード(砕石パイル工法)
 

広告を掲載

  • 掲示板
匿名さん [更新日時] 2019-04-20 00:28:15

ハイスピードという、砕石パイル工法が増えているようですが、
軟弱地盤で、支持層が10mの深さにあったりする場合でも、この工法は安全なのでしょうか?

水はけがよくなって地盤沈下に強い工法だということなので、
沼や池をつぶしたような土地にはもってこいなのでしょうか?



[スレ作成日時]2012-08-12 11:02:38

ハイスピード(砕石パイル工法)

コメント  

42: 独り言 
[2013-10-09 15:59:54]
平板載荷試験というのは杭上部から一定の力を与えて杭事態が沈まないことを証明する試験ではないですか?

ハイスピード工法の杭だけが沈まないという事はないように思いますが・・・
43: 独り言 
[2013-10-09 17:08:23]
付け加えますと
柱状改良や鋼管杭の様な支持層まで施工している
(施工をしながら完全に支持層まで到達していることを)確認できる
工法だから平板載荷試験などしなくても安心できる工法だと言っている様なものですね

杭がどの様な形で構築されているのか分からないからこそ砕石杭の場合は平板載荷試験を行う必要性が生じると考え、また他の工法に同様の試験を行っても同等以上の試験結果が得られるのでは明白ではないでしょうか。


youtubu等でハイスピード工法と検索すれば実際の平板載荷試験を行っている現場
が見れますが私の見解からすると前にも話しましたが砕石を撒いた駐車場の上でこの試験を行ってもよほどの軟弱地盤でないかぎり同じ結果になると思います。





44: 匿名さん 
[2013-10-09 17:45:37]
>43
>柱状改良や鋼管杭の様な支持層まで施工している
>工法だから平板載荷試験などしなくても安心できる工法だと言っている様なものですね

鋼管やソイルセメントを否定しているわけではありません
きちんと施工してれば問題ありませんが、この業界は終わったら見えない箇所が多いだけに手抜きの問題もあります
なので実績ある鋼管やソイルセメントでも安心できる施工会社を選び、できれば平板載荷試験をした方がよいと書いています
建物が建ってしまえば確認することは不可能です

また平板載荷試験はマンションの基礎杭や土木構造物(橋梁の橋脚など)の基礎杭を建築する際に行われる試験です
砕石を撒いた駐車場が平板載荷試験で沈まないのであれば、そこは地盤改良不要の土地ということです
45: 独り言 
[2013-10-09 17:54:33]
では上記内容が事実だとしたらyoutubuに出てくる試験は何試験なのでしょうか?

ハイスピード工法を用いた現場では全ての現場において平板載荷試験を行っているはずでは?

そもそも戸建の住宅にマンションを建てる時に確認する様な試験はいらないはずでは?
46: 足長坊主 
[2013-10-09 21:37:48]
素人ばっかじゃな。
わしのスレで質問したらよろし。
47: 匿名さん 
[2013-10-10 09:39:38]
では独り言さんと足長坊主さんにこのスレで質問

鋼管杭、ソイルセメントでの柱状改良、ハイスピードのそれぞれの工法で、施工がきちんと行われたことを施主が確認するにはどうすればよいのでしょうか?
普通の施主さんは仕事をしている方でしょうから、工事に最初から最後まで立ち会うっていうのはなしです

よろしくお願いします
48: 独り言 
[2013-10-10 12:48:42]
前の文言を読んで下さい
柱状改良、鋼管杭は支持層(地盤データなどで強固な層と判断がなされた長さ)
までの施工を行っているのに対し
ハイスピード工法は支持層がなくても施工可能とし
他の改良工事とは異なるとしながら砕石柱の存在をどう説明するのでしょうか?
転圧だけって個人差や現場差が非常に多くなると思いませんか?
だから平板載荷試験を行っていますと言っていたのでyoutubuの動画を見たところ
ジャッキアップして、沈みませんでしたという説明だけだったのでその後の何十年安心できますかという事です

確実に杭として個では存在できない(土がないと存在出来ないハイスピード工法)
杭としての個を構築出来ている杭とで比較した場合の事であり
ハイスピード工法の特徴としてHPに乗っている水を逃がしてるので液状化に強い
という画像を見た時に基礎直下の隙間から水が逃げていく画像を拝見したところ
ひとつの疑問点として砕石杭周辺の土はどこに流れるのか土がなくなっても存在できるのかという考え方は間違った解釈でしょうか?

youtubuに過去の震災時にハイスピード工法はすごい活躍しました
今後の為にハイスピード工法をぜひ、とかいうキャッチコピーをよく見ますけど
実際にその当時ハイスピード工法がそんなにメジャーじゃないはずでは
その当時、他の地盤改良を施した全ての家で大きな損害がなっかたのではという解釈は間違った解釈でしょうか・・・


今後は皆さんで専門業の方で協議してください

今まで私の独り言にお付き合い頂き有難うございました

49: 匿名さん 
[2013-10-10 18:04:56]
だからね、柱状改良や鋼管杭がちゃんと支持層まで届いていることをどうやって証明するの?
柱状改良や鋼管杭がちゃんと住宅の荷重を支えられるってことをどうやって確認するの?
図面だけ?計算値だけ?
手抜き工事で本来8mの鋼管のはずが7mになっていたらどうするの?
柱状改良のセメントが加水されていて強度が弱いものだったらどうするの?
何か確認のための試験が必要じゃないの?

ちなみに勘違いしてるようだから説明するけど柱状改良は支持層まで届いてないからね
鋼管杭はN値15以上の地層が原則2.0m以上連続する地盤を先端支持地盤とする
柱状改良は原則として粘性土でN値3以上、砂質土でN値4以上が連続する良好地盤を改良深度とする
ハイスピード工法の設計条件はパイル下端層のN値3.5~4、層厚=1.5m
ということで、柱状改良とハイスピードの改良の深さはほぼ一緒

あれれ、これじゃ柱状改良もダメダメな工法ってことになっちゃうね
50: 匿名さん 
[2013-10-11 18:47:46]
液状化した後もN値3.5以上をキープできる保証はあるのか?
現場によっても違うんじゃないのそもそも液状化のメカニズムを計算式で一つ一つの現場で出してるの?
51: 匿名 
[2013-10-11 23:14:33]
そりゃそうだ!
そうなれば砕石バラバラになるのかな?
液状化に強いという矛盾だな!

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 

レスを投稿する

下げ []

名前: 又は匿名を選択:

写真(1): ※自分で撮影した写真のみ投稿可

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

 
 

最近見たスレッド

住宅コラム・コラムニスト

松井 大輔

住宅を購入する前に知っておくべき「お金の基礎知識」
松井 大輔(ファイナンシャルプランナー)

 
原田 真

欠陥住宅や近隣紛争など住宅に関わる「法律問題」
原田 真(弁護士/アクセス総合法律事務所)

 
市村 崇

ホームインスペクションの実体験に基づく「ハウスメーカー評価」
市村 崇((社)住まいと土地の総合相談センター)

 
太田 周彰

知らないと損をする断熱住宅やゼロエネルギー住宅のウソ・ホント
太田 周彰((株)住宅みちしるべ代表取締役)

 
髙木 秀治

欠陥住宅裁判で負けないための被害者の心得
髙木 秀治(弁護士/プラス法律事務所)

 
藤﨑 香奈子

憧れの庭付き一戸建て 素敵な住まいにするための「外構・庭計画の基本」
藤﨑 香奈子(エクステリア・ガーデンデザイナー/二級建築士)

   

最新のスムログ記事

Powered by feedwind

スポンサード・リンク

アプリでサクサク探せる
一戸建て住宅探しはYahoo!不動産物件検索アプリ

 

一戸建てを建てる
都道府県からハウスメーカー・工務店を探す

 

戸建てリフォームのお役立ち情報

リフォーム価格相場を見る
費用までわかるリフォーム事例も充実!リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

 

リフォーム会社を紹介してもらう
厳選のリフォーム会社紹介と匿名のやり取り、そして工事完成保証を備えています!

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

住宅実例アンケート

住宅実例アンケート最大8000円Amazonギフト券をお贈りします

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

下げ []

名前:

写真(1):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

ウィンドウを閉じる