注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板「エコハウス岡山(元絹輪建設)について」についてご紹介しています。
  1. 注文住宅・一戸建て掲示板 e戸建て
  2. 注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板
  3. エコハウス岡山(元絹輪建設)について
 

広告を掲載

  • 掲示板
匿名さん [更新日時] 2019-07-12 15:45:35
全画像 関連スレ RSS

 エコハウス岡山で家を建てられた方、ご意見お願いします。

[スレ作成日時]2006-06-10 04:55:00

エコハウス岡山株式会社  
所在地:岡山県岡山市東区西大寺中野1-1
公式サイト: https://www.ecohouse-okayama.jp/

エコハウス岡山株式会社口コミ掲示板・評判

コメント  

60: 戸建て検討中さん 
[2019-04-29 11:22:19]
ラチュレかタマホームの木麗な家のどちらかで検討しています。
ラチュレの家の雰囲気はすごく気に入ってます。
ただ、ダブル断熱とはいえロフトがあると冷暖房が効かないのではないかと思っています。
ロフトには収納したいので、ロフト無しは考えていません。

ラチュレで建てられた方いますか。
冷暖房の温度設定と室内温度が分かれば教えて頂きたいのですが。

因みに我が家はセキスイハイム築10年の戸建てに賃貸で住んでいます。
冷暖房を切っていると下記のような状態です。
夏は家に帰ってくると部屋温度が36℃、
冬は朝起きると10℃を下回っています。
岡山在住です。
61: ロフト 
[2019-06-05 23:19:28]
>>60 戸建て検討中さん
ロフトがあると冷暖房が効かないとという考えは、半分正しく半分違ってますね。
ロフトを作ると、屋根裏スペースの熱伝道をワンクッションさせる機能が働かなくなる分、夏は暑くなりやすいです。が、実際のロフトの暑さ寒さやエアコンが効く効かないは、ラチュレがどの程度強固な屋根断熱を施しているかによります。
ロフト部は天井断熱になると思うのですが、仮にデフォルトの断熱がエアコンが効きにく程脆弱な場合は、ロフト部の天井断熱を強化した方がいいです。
断熱材を厚くする。断熱材を透湿性のあるものにする。屋根に通気層をしっかり設ける。
これでロフトも過ごしやすくなるはずです。
ただ、ラチュレのセミオーダー仕様で屋根断熱の強化が可能か、強化できた場合の価格アップは予算範囲かが問題になってくると思います。
営業の方に質問してよく話し合ってみられたら如何ですか?
岡山のような夏の日射が強い地域は、ロフトの有無に関わらず予算が許せば、デフォルトより強固な屋根断熱にしておいた方が過ごしやすいですが。
62: ロフト 
[2019-06-05 23:21:22]
>>60 戸建て検討中さん
天井断熱を厚くすると、若干ロフトが狭くなります。
63: 匿名さん 
[2019-06-13 23:04:42]
>>62 ロフト様
お返事ありがとうございます。
断熱が脆弱なのか素人の私には判断が出来ないんですよね。
お金があればロフトさんが仰るように屋根断熱に力を入れたいのですが、懐が寂しいもので(泣
ラチュレの断熱材は外張りと内張りのダブルですが、屋根に使われている断熱材の厚みは130ミリ?くらいでした。なので、良くも悪くもなく普通なのかなあと思っています。
ロフトを完全に隔離して屋根裏収納という使い方が冷暖房の効きを心配しないで済むのかなあと思っています。
64: ロフト 
[2019-06-16 15:27:13]
>>60 戸建て検討中さん
屋根裏収納ですと、ロフトより屋根裏は熱気がこもるので温度が上がります。収納するものが結構熱くはなるとは思いますので、それを気にされるかどうか。私的にはロフトがいいかなと思うのですが。
標準的な断熱性能のもの130ミリならば、冷暖房が効かないということはないと思いますが、夏はエアコンの位置を高くしてロフトに冷気が回る設計(間取りも含めて)がベターでしょう。冬は暖気が上に上がってくれます。
ポリスチレンフォームやフェノールフォームを屋根断熱に標準で使っていれば、それのグレードの高いものに交換すると、厚みは同じで1.5倍ほど断熱性能のアップが容易にできます。標準的な性能の断熱材でいうと約200ミリ相当なので、エアコンの効きを心配することなく結構いけると思います。施工上は大きな変更はなく、屋根だけかロフトだけの断熱材変更になるので、価格アップは意外と抑えられるはずです。ロフトも狭くなりません。
ただ、グラスウール、ロックウールはグレードアップしても、さほど断熱性能が上がらないで価格だけが上がりそうです。また、その工務店がよく扱っている断熱材を異なる断熱材に変える(例えばグラスウールからポリスチレンフォーム)場合も、価格がアップしやすいと思います。
ダメ元で見積りを一度出してもらうといいと思いますが。
65: 戸建て検討中 
[2019-06-18 23:49:18]
>>64 ロフトさん
構造や装備にお詳しいですね。
ロフトの方が良いですか。
ロフトだと掃除も大変だと思うんですよね。
こちらのエコハウス岡山はハシゴみたいなので登るみたいですし。結局使わなくなりそうだなと。。
66: 匿名さん 
[2019-07-02 11:04:43]
どこかで屋根裏にエアコンがついた家を見た事がありますが、収納ではなくフリースペースとしての利用を提案するメーカーさんでした。
ロフトにしても、リビングに取り付けたエアコンの風を送るより、ロフト部分に個別にエアコンをとりつけたり冷風扇のような家電を導入してみるのも一つの手かもしれませんね。
67: ロフト 
[2019-07-12 15:33:00]
>>65 戸建て検討中さん
収納としての利用の場合、屋根裏収納として壁を作るよりはロフト様で空気の行き来があるほうが、収納物が熱くはならないので私の好みです。収納物の出し入れもしやすいし。人の居住を考えないならば、エアコンの冷気がある程度来てくれたらいいので、エアコン設置位置や間取りに厳密になることはありません。出来るだけ高い位置にでいいと思います。
ロフト居住を考えるならば、エアコンの設置はロフト内より寧ろ、ロフトと交通した部屋でエアコンの風がロフトに廻りやすい位置がベターでしょう。+間取り、サーキュレーター使用で風を廻すがあれば更に良いです。ロフト内に設置するのは、家全体の空調を考える場合であって、ロフト自体の空調を考えた話ではないと思います。もし屋根断熱をアップできれば、エアコン設置位置等はシビアでなくなります。
68: ロフト 
[2019-07-12 15:41:51]
>>65 戸建て検討中さん
行き来しやすいロフトだと、セミオーダーの家では変更難しいかもしれませんね。完全オーダーで設計してもらったほうがいいのかも。


69: ロフト 
[2019-07-12 15:45:35]
>>65 戸建て検討中さん
すみません。フリースペースとして使える大きなロフトなら、ロフト内にエアコンでもオーケーですよ。

メールアドレスを登録してスレの更新情報を受け取る

 

レスを投稿する

下げ []

名前: 又は匿名を選択:

写真(1): ※自分で撮影した写真のみ投稿可

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

 
 

最近見たスレッド

住宅コラム・コラムニスト

松井 大輔

住宅を購入する前に知っておくべき「お金の基礎知識」
松井 大輔(ファイナンシャルプランナー)

 
原田 真

欠陥住宅や近隣紛争など住宅に関わる「法律問題」
原田 真(弁護士/アクセス総合法律事務所)

 
市村 崇

ホームインスペクションの実体験に基づく「ハウスメーカー評価」
市村 崇((社)住まいと土地の総合相談センター)

 
太田 周彰

知らないと損をする断熱住宅やゼロエネルギー住宅のウソ・ホント
太田 周彰((株)住宅みちしるべ代表取締役)

 
髙木 秀治

欠陥住宅裁判で負けないための被害者の心得
髙木 秀治(弁護士/プラス法律事務所)

 
藤﨑 香奈子

憧れの庭付き一戸建て 素敵な住まいにするための「外構・庭計画の基本」
藤﨑 香奈子(エクステリア・ガーデンデザイナー/二級建築士)

   

最新のスムログ記事

Powered by feedwind

スポンサード・リンク

アプリでサクサク探せる
一戸建て住宅探しはYahoo!不動産物件検索アプリ

 

一戸建てを建てる
都道府県からハウスメーカー・工務店を探す

 
 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

住宅実例アンケート

住宅実例アンケート最大8000円Amazonギフト券をお贈りします

レスを投稿する ウィンドウを閉じる

下げ []

名前:

写真(1):

利用規約   業者の方へ   掲示板マナー   削除されやすい投稿について

ウィンドウを閉じる